オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)は神奈川県川崎市の多摩川沿いにあったサーキット。1...

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 概要・歴史

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)は神奈川県川崎市の多摩川沿いにあったサーキット。1...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) ストリートビュー・空中写真

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 関連ブログ・参考リンク

http://likesmbike.blog.fc2.com/blog-entry-683.html
神奈川県側の多摩川沿いの道を走り、ファミマの真正面辺りがオリンピアサーキットがあった場所になりますね。1936年に3万人が収容できる観客席を備えた常設型サーキットとして日本で最初に作られたダートコースですが、戦争により開催されたのは1年のみでしたね。コースは既
http://blog.goo.ne.jp/uradirtactsunion/e/4cc2f1eaaf20798b6e8c49839b1a6443
実は、多摩川スピードウェイについて、以前から疑問に思っていたことがありました。ネット上などで流布されてる来歴に、どうも「???」な部分があったんですよ。一般的には…1932年(昭和7年)ごろ、東横線の上流側に多摩川オリンピア球場を建設1936年(昭和11年)そ
http://aeroqueen.at.webry.info/200806/article_3.html
調べてみるとコレが日本最古の常設サーキット『多摩川スピードウェイ』のグランドスタンドっていうことが判りました!経緯を調べてみると・・・『それまで埋立地や軍隊の練兵場などで自動車レースが行なわれてきたが、昭和11年(1936年)5月9日、日本スピードウェイ協会を
http://www.zzz-eiji.com/gallery/tamagawa-sw/
夢の跡:多摩川スピードウェイ日本初のサーキット1936年(昭和11年)多摩川河川敷の多摩川オリンピア(野球グランド)跡地に日本初の専用サーキットである多摩川スピードウェイが建設され、第一回全日本自動車レース大会が開催されました。戦後も、1949年(昭和24年)
https://sites.google.com/site/fnarchive2010/2010fn/round6autopolis/kikaku/jidousha-kyousou-hai-kei-3-tamagawa-supidouei
戦前に造られた日本最初のサーキットはオーバルコースだった。東京・渋谷から東急東横線で約15分、東京都と神奈川県を隔てる多摩川の河川敷(編集注釈:神奈川県川崎市側)に多摩川スピードウエイはあった。戦前から戦後も使われたこのサーキットは、今もなお観客席が残っている
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/9438/spot/312373/
1936年に3万人が収容できる観客席を備えた常設型サーキットとして日本で最初に作られたダートコースが通称「多摩川スピードウェイ」です。コースそのものはすでに残っていませんが、観客席は今でも川崎側の多摩川の堤防の一部として担っており、本来の目的ではないものの「現
http://www.morishin-web.com/photo/kanagawa/tamagawaspeed/photo_tamagawaspeed.html
多摩川スピードウェイ神奈川県川崎市中原区多摩川河川敷昭和11年日本初のサーキット昭和11年、多摩川オリンピア(グランド)跡地に日本初の専用サーキットである多摩川スピードウェイが建設されました。全日本自動車レース大会の第一回大会で、本田宗一郎兄弟が大事故にあった