オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)

オリンピアスピードウェイ多摩川スピードウェイ)は神奈川県川崎市の多摩川沿いにあったサーキット。1936(昭和11)年に作られた日本初の常設自動車レース場である。

1932(昭和7)年頃に作られた多摩川オリンピア球場の跡地に建設された、と言われているが、別地点との指摘もある。

1935(昭和10)年にオートバイのレースを開催され、翌年にスピードウェイとして完成したが、その翌1937(昭和12)年、戦争により自動車レースの開催終了し、一年しか使用されなかったという。

サーキットは残っていないが、観客席跡が遺構として見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 住所

神奈川県川崎市中原区上丸子天神町

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 種類

スポーツ施設

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 画像

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)
©Google

オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ) 写真・ブログ・リポート

ぽっ~んと独り言 オリンピアスピードウェイ跡
http://likesmbike.blog.fc2.com/blog-entry-683.html
神奈川県側の多摩川沿いの道を走り、ファミマの真正面辺りがオリンピアサーキットがあった場所になりますね。1936年に3万人が収容できる観客席を備えた常設型サーキットとして日本で最初に作られたダートコースですが、戦争により開催されたのは1年のみでしたね。コースは既
夏休みの自由研究 - A.C.T.S.用務員のコツコツ工作帖
http://blog.goo.ne.jp/uradirtactsunion/e/4cc2f1eaaf20798b6e8c49839b1a6443
実は、多摩川スピードウェイについて、以前から疑問に思っていたことがありました。ネット上などで流布されてる来歴に、どうも「???」な部分があったんですよ。一般的には…1932年(昭和7年)ごろ、東横線の上流側に多摩川オリンピア球場を建設1936年(昭和11年)そ
日本最古のサーキット ダラダラダイアリー/ウェブリブログ
http://aeroqueen.at.webry.info/200806/article_3.html
調べてみるとコレが日本最古の常設サーキット『多摩川スピードウェイ』のグランドスタンドっていうことが判りました!経緯を調べてみると・・・『それまで埋立地や軍隊の練兵場などで自動車レースが行なわれてきたが、昭和11年(1936年)5月9日、日本スピードウェイ協会を
エイジ:フォトギャラリー【FLIP-FLOP】 「夢の跡:多摩川スピードウェイ」
http://www.zzz-eiji.com/gallery/tamagawa-sw/
夢の跡:多摩川スピードウェイ日本初のサーキット1936年(昭和11年)多摩川河川敷の多摩川オリンピア(野球グランド)跡地に日本初の専用サーキットである多摩川スピードウェイが建設され、第一回全日本自動車レース大会が開催されました。戦後も、1949年(昭和24年)
5) 自動車競争廃景③-多摩川スピードウエイ(10/14更新) - RacingViews2010
https://sites.google.com/site/fnarchive2010/2010fn/round6autopolis/kikaku/jidousha-kyousou-hai-kei-3-tamagawa-supidouei
戦前に造られた日本最初のサーキットはオーバルコースだった。東京・渋谷から東急東横線で約15分、東京都と神奈川県を隔てる多摩川の河川敷(編集注釈:神奈川県川崎市側)に多摩川スピードウエイはあった。戦前から戦後も使われたこのサーキットは、今もなお観客席が残っている
オリンピアスピードウェイ(多摩川スピードウェイ)|Recommended Spots|ゼロヨン兄|Minkara - The Car & Automobile SNS(Blog - Parts - Maintenance - Mileage)
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/9438/spot/312373/
1936年に3万人が収容できる観客席を備えた常設型サーキットとして日本で最初に作られたダートコースが通称「多摩川スピードウェイ」です。コースそのものはすでに残っていませんが、観客席は今でも川崎側の多摩川の堤防の一部として担っており、本来の目的ではないものの「現
Photo Gallery
http://www.morishin-web.com/photo/kanagawa/tamagawaspeed/photo_tamagawaspeed.html
多摩川スピードウェイ神奈川県川崎市中原区多摩川河川敷昭和11年日本初のサーキット昭和11年、多摩川オリンピア(グランド)跡地に日本初の専用サーキットである多摩川スピードウェイが建設されました。全日本自動車レース大会の第一回大会で、本田宗一郎兄弟が大事故にあった