日本自動車研究所の高速周回路跡(谷田部テストコース)

茨城県谷田部町(現・つくば市)にあった日本自動車研究所の高速周回路。移転により使用されなくなった。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日本自動車研究所の高速周回路跡(谷田部テストコース) 住所

茨城県つくば市下平塚

日本自動車研究所の高速周回路跡(谷田部テストコース) 種類

研究・実験施設

日本自動車研究所の高速周回路跡(谷田部テストコース) 画像

日本自動車研究所の高速周回路跡(谷田部テストコース) 写真・ブログ・リポート

1985年の「つくば科学万博」跡地に造られた科学万博記念公園周辺を再
http://hakuzou.at.webry.info/201104/article_12.html
つくばエクスプレスの「研究学園駅」は (財)日本自動車研究所(略称はJARI)が1964年に日本初の本格的な高速周回路として完成したテストコース(全周5.5km)のほぼ真ん中にあります。 つくばエクスプレス(秋葉原~つくば間58.3km)を通す 
谷田部自動車高速試験場~兵どもが夢の跡: tsunokenのブログ
http://tsunoken.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-f9c4.html
で、その音ロケをした主戦場が、ここ財団法人日本自動車研究所にあった高速周回コース、通称「谷田部テストコース」であった。1965年にプリンスR380が、1966年にトヨタ2000GTが国際記録を打ち立てた、あの谷田部テストコースである。 なんでそんなところで音ロケをしたのか 今のベンツC200コンプレ...
谷田部の高速周回路最期の姿② - カネ無しpapaが「クルマ」を愉しむ術
http://blogs.yahoo.co.jp/rito_350gt/63504057.html
数々の記録を産み出してきた「ヤタベ」のコース。 しかし、一般人には見れませんでした。 ウチは、昔、つくば方面に配達に行ってた事があり、地図を見ると、 オーバルコースが、出ていて、「うわー谷田部だ~」とワクワクしてました。 そんな場所