今福線(広浜鉄道)

今福線は、JR可部線終着駅「三段峡」と、 島根県「浜田駅」を結ぶはずだった未成線。

広島と浜田を結ぶ広浜鉄道の島根側として、1933年に山陰線の下府駅から浜田市金城町今福までの15.8キロが着工された。しかし、戦争で資材が手に入りにくくなり、40年に工事が中止された。戦後、69年に浜田駅から12.3キロのルートで再着工されたが、国鉄の赤字のため80年に再び中止となった。

工事凍結後、旧線の一部のトンネルが道路として使用されていたが、老朽化や行き違いトラブルなどにより現在は閉鎖された。道路に転用されなかったトンネルも、立地が非常に危険で到達困難な場所に存在するか、フェンスにより立ち入りが禁止された状態となっている。

地図は土木学会選奨土木遺産認定の橋梁跡。

旧線の橋梁には(工事が戦時中だったため鉄の節約目的で)コンクリートアーチ橋がいくつか採用されており、2008年にそのアーチ橋群が土木学会選奨土木遺産に指定された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

今福線(広浜鉄道) 住所

島根県浜田市

今福線(広浜鉄道) 種類

廃線・鉄道駅

今福線(広浜鉄道) 画像

今福線(広浜鉄道) 写真・ブログ・リポート

今福線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/imafuku5.html
旧線のアーチ橋はそのまま道路橋になっている。 合流点では新線の工事のために旧 線の橋脚は取り壊されたようである。 新線の工事は旧線と合流する地点から今福 にかけて行われたようでこれより浜田方を見ても山がそびえているだけで何も工事は行
今福線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/imafuku2.html
その建設のルーツから、浜田に向かう方が下りになっているのですが、浜田方向から 調査した
今福線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/imafuku1.html
今福線廃線跡調査 1 また、島根県側からも昭和8年(1933)、下府から今福までが 着工されたが、工事がほぼ完成したころ太平洋戦争のために中止された 鉄道廃線跡 を歩く」には駅は三段峡・橋山・芸北・波佐・徳田・旭町・石見今福・浜田と書かれてい ます。
広島 -陽のあたらない所- 幻の今福線・松原試堀抗 山県郡安芸太田町
http://yuquihiro.blog118.fc2.com/blog-entry-78.html
今後の予定として、可部線廃線区のトンネル・鉄橋の踏破記事を取り上げようかと考え ておりますので今後とも宜しくお願い申し上げます。 (中痴建) 昔鉄道が好きだった ので今福線や岩日北線を現地踏査したことがあるだけです('96~'97年頃)。 当時は JTB
未成跡今福線跡
http://homepage2.nifty.com/t-nakayama/haisen/imafuku/imafuku.htm
未成線 今福線跡を巡る 昭和11年(1936年)に横川~可部 間を営業していた広浜 鉄道が国有化され、可部線 として昭和44年に三段峡まで延長された。島根県側では 昭和8年(1933年)より、 山陰本線下府より今福までが着工され 廃線跡のページへ 戻る.
幻の今福線・川手試堀抗 山県郡安芸太田町
http://yuquihiro.blog118.fc2.com/blog-entry-467.html
国鉄・可部線のかつて終着駅であった三段峡(現在廃止) より 島根県の浜田駅を結ぶ今福線が着工された。 三段峡駅から次の橋山駅までの間に長さおよそ10㌔㍍もの 三段峡㌧ネルが 掘ら 口にしたことがない。 三段峡周辺図 タグ : 可部線(廃線区間)
今年のテーマは今福線(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/33618641.html
「鉄道廃線跡を歩く 」の表紙に使われている橋が正にこの橋で、本に掲載されている写真では、河畔から撮影したもののようですが、今は山が荒れていて下に下りるのは難しそうでした。 下長屋トンネルの中を覗いてみました。全長1633m、新線のトンネルです。
今年のテーマは「今福線」(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/33586990.html
ちなみに、現存するJR可部線は今福線の一部で、可部~三段峡間は惜しくも廃線となってしまいました。 朝9時半、浜田市の石見海浜公園に集合した「怪しいおじさん探検隊」、2台の車に分乗して旧旭町丸原地区に向かいます。
未成線 今福線 遺構巡り 近づく
http://blogs.yahoo.co.jp/bshhr044/24109094.html
浜田と広島を結ぼうと計画された、幻の広浜鉄道「今福線」の遺構をたずねる見学会が近づいてきました。今度の土曜日です。 自分としては、「今福線」の魅力を多くの人に知ってもらう企画の3年間の集大成です。 検索用 鉄道 選奨土木遺産 廃線
今福線跡を訪ねて
http://green.ap.teacup.com/maronefu-29/391.html
今福線の紹介は、JTB刊『鉄道廃線跡を歩く5』で詳しくされており、またネット上でも詳しく調査されています。平成の初め頃まで下府川の河川改修と平行県道の整備により、橋脚等の遺構が一部撤去され、残った箇所も自然に還りつつあります。
国鉄今福線未成線跡~壮大なる可部線延伸の末路~
http://blogs.yahoo.co.jp/e455to165_58/20838824.html
ここで 今福線 工事跡を見ることにしました。今福線とは、かつて浜田からこの今福地区までを結ぼうと計画された国鉄線で、ゆくゆくは三段峡まで延び 挙句の果てに可部線可部~三段峡が廃線となってしまったので、広島~浜田を直結する鉄道は完全
今福線廃線跡調査 4
http://www.tetsuroni.jp/haisen/imafuku4.html
平行する県道は301号となり道幅の狭い曲がりくねった道となる。 左写真の先、道路が 大きく向きを変える地点に橋脚と第3有福トンネルを発見。 第4有福トンネルを抜けた先 の橋脚?(右奥が下府)-第3有福トンネルの先の橋脚かも・・・, 宇津井地区の集落に 入る
今福線跡を巡るその2へ続く - nifty
http://homepage2.nifty.com/t-nakayama/haisen/imafuku/imafuku2.htm
今福線跡を巡るその1よりさらに県道を進むと、宇津井地区に差し掛かる。 そこには最長 の橋梁を掛ける予定 第5今福トンネルの跡やそれに繋がる予定であった橋脚跡も 残っている。 このトンネル跡にはJR西日本の 廃線跡のページへ戻る. –¢ ¬ Õ ¡•Ÿ ü Õ
今福線廃線跡調査 6
http://www.tetsuroni.jp/haisen/imafuku6.html
金城カントリークラブの中央を貫く道にかかる歩道橋。鉄道橋を改良したにしては貧弱か ? 旭町小場田地区の山中。この谷を通る予定だったのかも知れない。 右上写真反対側 。この先が旭町中心部。
今福線パート2 | 柿色な旅
http://sun.ap.teacup.com/kaki/95.html
2010/5/31. 「今福線パート2」 廃線跡 廃墟. 今福線パート2・・・今回はゲストを入れての同行となりました。 ゲスト=旅人としての永遠のライバル。同じ考え、同じ場所、同じ遠方を旅してきた者同士のみ理解する「同士のみ」日帰りの珍道中・・・さてさてどうなる事 
未成線 今福線跡を巡るその2 - 片桐機長の鉄ちゃん日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/capkiriyama/48531434.html
平成21年5月4日訪問 今福線跡を巡るその1よりさらに県道を進むと、宇津井地区に差し掛かる。 そこには最長の橋梁を掛ける予定で作られた橋脚跡 廃線跡を巡る 可部線跡 その3 [photo]. 2009/8/2(日) 午後 5:22. 可部線跡を巡るその2 
国鉄今福線未成線跡 - nifty
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/063imafuku1.html
国鉄今福線こくてついまふくせん. ○路線概要 三段峡起点41.660km地点を工事起点として、ここから石見今福駅が0.197km、浜田駅が12.360kmとなっている為、管理人が合算した。 . 廃線跡の状況