ホテル・ラミュー 概要・歴史

ホテル・ラミューは長野県諏訪郡下諏訪町のホテル。国道142号線中山道沿い、和田峠を下った途中に位置する。

1970年代後半に開業。

二階建て全13室の中規模施設で、和風の部屋や螺旋階段のある特別室など、客室に工夫が凝らしてあった。

閉業時期不詳ながら、2009年時点で敷地内に大量の不法投棄が見られ、ガラスの損壊等、かなり荒れた状態となっていた。

ローバー・ミニやボルボなどの廃車が放置されていたらしい。

その後に行政の対応があったらしく、2014年までに簡易バリケードが、2016年までに安全鋼板による頑強なバリケードが設置された。

2019年4月時点で現存し、ガラスの損壊や落書きなどかなり荒れた状態で、敷地内に不法投棄物品が散乱していることがバリケードの隙間から確認できる。また外壁にも落書きが見られる。

地元では心霊スポットなどと言われていたらしい。

状態
2011年09月15日作成  2019年04月23日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテル・ラミュー 住所

長野県諏訪郡下諏訪町

ホテル・ラミュー 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテル・ラミュー 画像・写真

ホテル・ラミュー
ホテル・ラミュー
外壁の落書き
外壁の落書き
ホテル・ラミュー
敷地内には物品が散乱している
敷地内には物品が散乱している
ホテル・ラミュー
ホテル・ラミュー
ガレージ跡部分にも廃品が散乱している
ガレージ跡部分にも廃品が散乱している

ホテル・ラミュー ストリートビュー・空中写真

ホテル・ラミュー 関連ブログ・参考リンク

風薫るラミュー。
http://uosan.info/20160619/16426/
気がついたら期限が過ぎていたフィルムをカメラに入れたのは、去年の大晦日のことじゃったー。現像に出したのはそこから半年以上たった先週末。ここのところデジカメに入れ込んでたせいもあるけど、以前にも増してフィルムで撮らなくなってしまっているなぁ。そんなわけで、今回は
廃墟モーターショー。
http://uosan.info/20090926/4139/
高速道路が整備されたりして、いつの間にか通ることが少なくなっていた道沿いで、いつの間にか廃墟になっていたホテルに行ってみた。(画像はすべてクリックで拡大)看板には「ラミュー」と書かれているけど、建物には「President」という名前の跡が見える。ん?、正面入
廃○ブ○テル ラミュー - HODS
http://hods.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
和田峠を下っている途中、偶然見つけた廃○ブ○テルwwいい雰囲気だったので入ってみました。後で知ったのですが、地元では有名な心霊スポットらしいですなwwここんちも地下へ降りるタイプだもんで、メチャクチャ暗い。。。各部屋には日が差し込んでるので明るかったっす。ホテ
実験終了。
http://uosan.info/20141205/11525/
というわけで、dp1QuattroにGR用のワイコンGW-3を付けて、ちょっくらテスト撮影など。基本的につけっぱなしだから、「ワイコンあり」と「ワイコンなし」の比較画像はなしよ(欽ちゃん)。せっかく道具は揃っているのに、あいにくの天気と若干の仕事で思うように身

ピックアップ廃墟