エンヴェル・ホジャのピラミッド 概要・歴史

エンヴェル・ホジャのピラミッド(Pyramid of Tirana)はアルバニアのティラナにある博物館。

1988年10月14日にエンヴェル・ホッジャ美術館として開館。自らの死後に廟として使うために建築したという。

エンヴェル・ホッジャは、アルバニアの政治家でアルバニア労働党第一書記、1944年から1954年までアルバニア人民共和国首相を務めた。ホッジャ政権下のアルバニアはスターリン主義(ホッジャ主義)を推し進め鎖国状態を築き、半封建的国家を形作ったことから、独裁者として知られる。

1991年に共産主義体制が崩壊すると、美術館としては機能停止、ティラナのピラミッドと名称を変え会議会場や展示会場などとして利用された。1999年のコソボ紛争ではNATOおよび人道組織の拠点として使われた。2001年からアルバニアのテレビ局Top Channelがその一部を放送センターとして使用したが、残りの部分は荒廃状態にあった。

現在は廃墟状態となり落書きや窓ガラスの破損が見られ、解体も検討されている。

状態
2019年05月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

エンヴェル・ホジャのピラミッド 国

アルバニアティラナ

エンヴェル・ホジャのピラミッド 種類

博物館・美術館・秘宝館

エンヴェル・ホジャのピラミッド 画像・写真

エンヴェル・ホジャのピラミッド
エンヴェル・ホジャのピラミッド(2012年)

エンヴェル・ホジャのピラミッド ストリートビュー・空中写真

エンヴェル・ホジャのピラミッド ブログ・リポート

ヨーロッパ紀行 バルカン半島5カ国周遊10日間の旅
http://www.geocities.jp/fukuda_shasin/balkan1.htm
ホッジャが自分の廟にするために建てた。今は廃墟だとか。 エンヴェル・ホッジャ(1908年10月16日 - 1985年4月11日)は、アルバニアの政治家、共産主義者
ティラナ
http://www.geocities.jp/busi_tabi/tirana.html
エンヴェル・ホッジャのピラミッド独裁者ホッジャの死後(1985年76歳で死去)の1980年に生誕80年を祝って建てられたもので、アルバニアの近代建築の印象的な一例となり、一時はエンヴェル・ホッジャ美術館となっていましたが、共産政権崩壊後は所蔵物は撤去され、周囲
ティラナ散策 - Total Nonstop Aviation
http://mi28.hatenablog.com/entry/2015/06/05/072823
同志エンヴェル・ホッジャ書記長のピラミッド。
アメリカ大陸を駆ける ティラナにピラミッドがあった! Pyramid of Tirana
http://wildwildcats.blog114.fc2.com/blog-entry-238.html
アルバニアの首都ティラナを歩いていると、こんな建物に遭遇。When I was walking in Tirana Albania, I encountered this unique building. これは、文化国際センターという建物で、通称ティラナのピ
バルカン半島6カ国周遊の旅ー8日目: ミポリン世界航海紀2
http://mond79.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-10ce.html
ティラナで一番大きな教会、ロマンティック・ロード、、ラナ川、1988年にエンヴェル・ホッジャの娘が造ったピラミッド、アルバニアにおける美の殿堂、国立博物館などの外観を観光しました。
カズアマタノツヅリ: アルバニア旅行記 10/30 「力を抜いて」
http://okaki.seesaa.net/article/109732603.html
ティラナにはピラミッドが。エンヴェル・ホッジャの墓として作られたが、今は文化会館になっている。
旅とスイーツ、ときどき仕事の日々
http://amebajpn.com/blog/shmy-sunnydays/entries/12320850055
ここからはティラナの街を見ていきますが、共産主義かつ鎖国という歴史を持つだけに、ピラミッドみたいな無機質な建物や(写真1枚目)、何だか前衛的なモニュメント(同2枚目)など、街並みまで不思議な印象です。
水岡ゼミ巡検報告 ティラナ 2005.9.6
http://hit-u.ac/excursion/05balkan/0906/2_0906.htm
次に私たちが向かったのは、ホッジャが生前に、自分の死後、廟として使うために建てた、“ピラミッド“と呼ばれる建物である。ダイチホテルから徒歩5分ほどで到着して、私はその奇妙な建造物に一瞬息を飲んだ。「近未来的ピラミッド」とでも言うべきその建物は、ピラミッドが持つ

ピックアップ廃墟