西甲府病院 概要・歴史

西甲府病院は山梨県甲府市の病院旧施設。

1943年に結核の療養所として創設。

1943(昭和18)年に山梨県立結核療養所として創設。1947(昭和22)年、厚生省へ移管、国立療養所山梨清楽荘となる。

1979(昭和54)年、国立療養所西甲府病院と改称。

2004(平成16)年、市街地にある国立病院機構甲府病院と統合され廃止となった。

2019(平成31)年4月時点で施設は現存し、敷地内に草木の茂っている様子が空中写真からも確認できる。

状態
2019年04月22日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

西甲府病院 住所

山梨県甲府市山宮町

西甲府病院 種類

廃病院

西甲府病院 画像・写真

西甲府病院
西甲府病院(2019年4月)
西甲府病院
西甲府病院
西甲府病院
階段にも雑草が茂っている
西甲府病院
「国立療養所西甲府病院奉仕棟」の錆びついた看板
西甲府病院
西甲府病院

西甲府病院 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟