新今池ビル 概要・歴史

新今池ビルは愛知県名古屋市千種区、今池駅前にあるビル。

地下3階、地上7階建て。1962(昭和37)年10月竣工。

駅前のビルにも関わらず、地下1階の消費者金融自動コーナーと1階の金券買取販売店、中古レコード店、居酒屋、2階の古本屋を除くと空室となっている。

今池劇場今池名画劇場という映画館があったが、1997年閉業。また地下には今池地下劇場という成人映画館があったが2017年閉業。

営業中の店舗もあるため廃墟ではない

生きた廃墟、昭和レトロなスポットとして一部で人気を集めている。

珍スポットとして愛好されていますが現役施設です

2011年09月15日作成

新今池ビル 住所

愛知県名古屋市千種区内山3丁目

新今池ビル 種類

珍スポット・巨大施設

新今池ビル ストリートビュー・空中写真

新今池ビル 関連ブログ・参考リンク

東の副都心にある廃墟、新今池ビルその1 -外観-: 新・愛知県のおでかけ日記:So-netブログ
http://nikki-no-blog.blog.so-net.ne.jp/2017-shin-imaike-building1
名古屋市千種区(ちくさく)今池。この場所は、古くからの繁華街です。新今池ビルの外観。手前の道路は南北に通っている環状線。この画像だとどこにでもあるようなビルですが、こんなに大きいビルなのに入居しているのは地下1階の消費者金融自動コーナーと1階に切手と金券買取販
甦る昭和の暮らし・新今池ビル 1 - 昭和なスーパー研究会
http://syouwasc.blog.fc2.com/blog-entry-248.html
今回からは名古屋市千種区にある「新今池ビル」を紹介します!地下鉄今池駅直結の雑居ビルで、地下3階・地上7階建て。昭和37(1962)年10月竣工。昭和30年代物件です。あと、前もって言っておくと、規模が大きい上に構造がカオスなのと、雰囲気が凄すぎるのとで、行っ
名古屋の生きた廃墟、新今池ビル | 忘れ去られた時空を求めて
https://labaufzeitdilatation.wordpress.com/2016/01/11/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%AE%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E5%BB%83%E5%A2%9F%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BB%8A%E6%B1%A0%E3%83%93%E3%83%AB/
名古屋市千種区の今池は名古屋東部の繁華街、交通の要衝として発展を遂げ、今でも広範囲に商店街が広がっている街である。しかし商業地区としての機能は名駅・栄・大須に吸収されつつあり、周辺地域に比べ少し栄えている程度なのが今池の現状だ。その今池の中心であるはずの地下鉄

ピックアップ廃墟