イナチュウ美術館 概要・歴史

朝市通りの朽ちたバロック建築

イナチュウ美術館は石川県輪島市にあった美術館。輪島市朝市通りに位置する。

1992年9月オープン。ヴェルサイユ宮殿を参考にしたバロック風建築である。16世紀から19世紀に世界の王族が愛用していた絵画、彫刻、家具、漆器、ガラス工芸など400点以上を所蔵するという。

漆器製造販売の(株)稲忠漆藝堂が運営していたが、2012年10月5日に同社が金沢地方裁判所において民事再生手続きの廃止決定を受け、イナチュウ美術館も閉館となった。

同社は2004年10月に民事再生を申請して民事再生の途上にあったが、景気低迷や東日本大震災による観光自粛ムードから売上が伸び悩んでいた。

2018年現在、商店街から浮き立った壮麗なバロック建築が残る。白亜の外装は経年劣化や雨染みによりやや黒ずんでいる。建物前にはいくつもの石像が雨に打たれるままとなっている。

状態
2019年04月12日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

イナチュウ美術館 住所

石川県輪島市河井町

イナチュウ美術館 種類

博物館・美術館・秘宝館

イナチュウ美術館 ストリートビュー・空中写真

イナチュウ美術館 ブログ・リポート

【イナチュウ美術館】輪島塗の地に眠るベルサイユ宮殿廃墟 | 廃墟写真ブログ -Ruins Cat-
http://ruins-cat.com/blog-entry-195.html
家族旅行の折に偶然見つけた廃墟。廃墟になっても美しい建築というのはやはり素晴らしい。こちらはGoogleStreetViewの画像。周りは完全にニッポンの朝市なのにここだけ唐突にバロック風建築※1なので正直ぎょっとする。そしてその異様さは廃墟となることによりさ
輪島の珍スポット 廃墟化したイナチュウ美術館 - 老猫街ある記・食べある記 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/stradivarius_stradivarius/12480496.html
イナチュウ美術館(゜ロ゜;金ぴかで絢爛豪華だけど、成金の大豪邸とかにありがちな「高そうな物や有名画家の作品を取りあえず集めてみました」的な雰囲気が充満していたのを覚えていますf(^ー^;老猫が考える価値のあるコレクションとは、地味でも思想が背後にあって系統的か
輪島朝市は平安時代から続く
https://www.pahoo.org/athome/album/2015/album20151003-01.html
朝市の真ん中に異彩を放つ洋館が建っている。創業80年を超える稲忠漆芸堂が建てたイナチュウ美術館だ。美術館の外装・内装はヨーロッパ各国の建築専門家の協力を得て、主にベルサイユ宮殿を参考にして造られているとのこと。2012年(平成24年)10月に破産して、現在は廃
西日本一周自転車旅 89日目 [石川編 2] - ママチャリ珍紀行
http://charikikou.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
輪島にある「イナチュウ美術館」に寄ってみた。ここは1992年に建てられたバロック建築風の美術館の廃墟。最後にこの黒ずんだ彫像を目に焼き付けてから出発。

ピックアップ廃墟