中追渓谷 概要・歴史

四国一高い歩道吊橋

中追渓谷は高知県吾川郡いの町にある渓谷、観光施設跡。

1971(昭和46)年に中追渓谷観光社により有料観光地として開発され、温泉やレジャー施設が建設された。風光明媚な土地で「四国の自然百景」にも選ばれている。

翠嵐峡と呼ばれる断崖絶壁となった勝賀瀬川下流に、水面からの高さが100mの人道吊橋「夢の吊橋」が架かっており、「四国一高い歩道吊橋」と称された。

その他、川を渡るゴンドラ、遊具類、猿や猪の飼育場やフィールド・アスレチックのあった「冒険の森」、ポニー乗馬、釣り堀、天然プール、郷土資料館、温泉、武道館、研修施設、そうめん流し、茶室、バンガロー等があり、高知県屈指のレジャー観光地だった。

昭和50年代までは盛況であったが、その後中追渓谷観光社は廃業、跡地は老人ホームに売却され、主要な建物のみ改装再利用されている。

他の建物は廃墟化し、遊歩道には朽ちた廃橋が複数見られ、「夢の吊橋」も通行不能な状態となっている。

私有地ながら17時までは敷地内への立ち入りが許されている。

危険箇所に近づくことはできないが、夢の吊橋や郷土資料館跡、釣り堀跡、ゴンドラ跡などの外観を確認できる。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月28日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

中追渓谷 住所

高知県吾川郡いの町中追

中追渓谷 種類

遊園地・テーマパーク

中追渓谷 画像・写真

中追渓谷
中追渓谷

中追渓谷 ストリートビュー・空中写真

中追渓谷 関連ブログ・参考リンク

ユキモチソウを見つけた。
http://kamekamedasu.exblog.jp/26689591/
」と言うのがあってたしか・・・記憶は定かでないけど渓谷に降りて行って遊んだことがあったように思います。今は建物は廃墟同然になっていますが、渓谷の中には老人施設ができていました。この大きな岩
【いの町】廃墟感満点の中追渓谷 - フジソウ法律事務所(高知弁護士会所属)
https://www.fujisouhouritujimusyo.jp/2017/06/26/%E3%81%84%E3%81%AE%E7%94%BA-%E5%BB%83%E5%A2%9F%E6%84%9F%E6%BA%80%E7%82%B9%E3%81%AE%E4%B8%AD%E8%BF%BD%E6%B8%93%E8%B0%B7/
「中追渓谷」!ここはですねー。過去にいった渓谷のなかでも、ちょっと新しい楽しみ方というか、なんというか、、、、!!!THE廃墟感!!!!なんか古き良き時代に迷い込んでしまったような、そんな雰囲気を醸し出す渓谷でございました!!!!!!ということで、中追渓谷スタ
中追渓谷へ・・・! ( 散歩 ) - Heitaの散歩道 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/uchan60cm/13012564.html
そう言えば、伊野町に中追渓谷というのがあって、昔行ったことがあることを思い出しました。ここなら、近いです。仁淀川をちょっと北上して、そのあとは山の方へ。ちょっと狭い山道を進んでいくと、少し開けた場所に来ました。ここが、中追渓谷かな大きな看板には、中追の里って書
6月11日 中追渓谷へ: 蒼き彗星の如く!!
http://t-takahashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-9e64.html
国道から20分ほど山に入った所に渓谷の入り口がありました。何だか寂しい感じだったんですが、まぁ16時過ぎてるし・・・なんて思いながら。車が駐車場に5,6台あって、一台のワンボックスカーから、90歳は越えているだろう大きく腰の曲がった老夫婦と、40代の夫婦らしき

ピックアップ廃墟