聖高原ホテル 概要・歴史

聖高原ホテルは長野県東筑摩郡麻績村のホテル。

1964(昭和39)年竣工。大沼ダムの完成と同時期に開業し、長野県知事を始め多くの来賓が出席したという。

三角形の特徴的な建物の裏に別館が渡り廊下で接続された建築である。

客室25、150名収容、100畳と60畳の広間、100畳の会議室、大浴場、家族風呂を備えた。娯楽室にはピアノやエレクトーンがあり、他に展望台や貸しスキー設備があった。

2007(平成19)年閉業。

景観上の問題から解体が検討されているが、2019(平成31)年4月時点で現存し、全体に蔦が這い朽ちた状態となっている。

外階段の手すりが錆付き、テントが破れている。

状態
2019年04月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

聖高原ホテル 住所

長野県東筑摩郡麻績村麻聖

聖高原ホテル 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

聖高原ホテル 画像・写真

聖高原ホテル
聖高原ホテル
聖高原ホテル
金属部分に錆が目立つ
聖高原ホテル
聖高原ホテル
聖高原ホテル
「日観連」の看板
聖高原ホテル
全体に蔦が絡みついている
聖高原ホテル
聖高原ホテル
錆びついた階段
聖高原ホテル
聖高原ホテル

聖高原ホテル ストリートビュー・空中写真

聖高原ホテル ブログ・リポート

夢の跡その2(聖高原ツーリングその7) ちゃらちゃら自転車生活
http://halt219.blog96.fc2.com/blog-entry-329.html
聖湖を回り込んだところには聖高原ホテルというのがある.こちらも見事な廃墟っぷり.スチーム暖房の煙突が時代を感じさせる(うちの高校にもあった).ただ廃墟ではあるけど,ツタの絡まった建物はなかなかいい雰囲気ではある.いっそこのまま100年くらい放っといたら,歴史的
蕎麦食って聖高原 ( オートバイ ) - こさじいっぱい簡易版 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/ekisen_f4/12307669.html
聖高原ホテルの前で記念撮影。スキー場のリフトで展望台へ登ったけど、山の木々は春先の装いだった、それに曇ってたので、展望はよくなかった。ここで雨が降ってきたので、早々と退散、渋滞の長野道、中央道と走り帰宅。聖高原は観光地としても穴場で、新緑の季節は山と聖湖の景色
長野の友達が増えました。(人間も幽霊も)
http://b44.chip.jp/fuminori115/blog/view.php?tnum=79
全部探索はできなかったので更なる探索を胸に誓いながら次のスポット、聖高原ホテルに向かう。10キロくらいであっさり到着。まとまってくれてて良かったです。ここも五階建てでさっきのと比べてしまうと小さく感じてしまうがなかなか。しかし木のバリケードが窓を塞いでいる。ま

ピックアップ廃墟