南国警察署旧庁舎 概要・歴史

南国警察署旧庁舎は高知県南国市にある警察署跡。県道45号線南国インタ線沿いに位置する。

1973(昭和48)年3月22日に完成、3月29日には落成式が行われ業務が開始された。

2007(平成19)年には耐震化工事が計画されたものの、庁舎の老朽化が著しいため国道55号沿いに新庁舎を建設する計画に切り替えられ、2016(平成28)年2月6日より業務が開始された。

その後、高知県警機動隊が一時的に仮庁舎として使用していたが、2018(平成30)年には電気・通信の撤去工事が行われ建物が封鎖された。

状態
2019年05月20日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

南国警察署旧庁舎 住所

高知県南国市大そね甲

南国警察署旧庁舎 種類

その他・廃墟一般

南国警察署旧庁舎 画像・写真

南国警察署旧庁舎
南国警察署旧庁舎
南国警察署旧庁舎

南国警察署旧庁舎 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟