藤沢市高倉の家 概要・歴史

神奈川県藤沢市高倉の家。国道467号線沿いに位置する。

木造平屋建ての民家である。

2010年時点で一部壁面が剥落、無住となっている様子だが、庭には手入れの跡があり、また瓦屋根がきちんと乗っていた。

2015年9月までに瓦屋根がすべてなくなり、板が剥き出しになっている。台風などで飛ばされたものと推測される。

ブルーシートで補強が為されていたが、その後一気に崩壊が進み、2019年6月時点で一部が骨組みだけとなり、歩道上からも内部の様子が覗えるのスケルトン状態となっている。

ただし庭には手入れの跡が見られ、一定の管理が為されている。

状態
2019年06月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

藤沢市高倉の家 住所

神奈川県藤沢市高倉

藤沢市高倉の家 種類

団地・住宅・別荘

藤沢市高倉の家 画像・写真

藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家
瓦屋根が飛ばされて一気に風化が進んだらしい
藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家
藤沢市高倉の家

藤沢市高倉の家 ストリートビュー・空中写真

藤沢市高倉の家 関連ブログ・参考リンク

忘れられた廃墟 | ある歯科医院の院長の日記
https://ameblo.jp/tuburesika/entry-12477162828.html
自分がブログにUPするのをすっかり忘れていただけなので、タイトルに意味はありませんむしろ目立つ所にあるメジャーな廃墟と言っても良いでしょう自宅と職場の間に位置する467号線沿いにある廃屋です屋根にブルーシートを被せてあるので、保存しようとしていた意図を感じます

ピックアップ廃墟