セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) 概要・歴史

セドレツ納骨堂コストニツェ・セドレツ、Kostnice Sedlec)は、チェコの首都プラハから東に約70キロほどの町クトナー・ホラ近郊のセドレツにある納骨堂。セドレツ墓地内の全聖人教会地下にある。

約4万人の人骨を保管し、そのうち約1万人分の人骨を用いて礼拝堂内の装飾をしていることで知られる。

廃墟ではないが、人骨の積み上げられる荘厳にして不気味な独特の風景を目にできるスポットとして知られる。

状態
2019年07月12日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) 国

ポーランド

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) 画像・写真

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ)
セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ)

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) ストリートビュー・空中写真

セドレツ納骨堂(骸骨寺院、コストニツェ) ブログ・リポート

冒涜か?鎮魂か?芸術か? 『コストニツェ』 ヤン・シュヴァンクマイエル 海
http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_18.html
2007年3月17日 これは、チェコのクストナー・ホラ郊外のセドレツの納骨堂(コストニツェ)で、19世紀の 後半にここの修道院を管理することになったシュヴァルツェンベルク家が、木彫り師リント に、礼拝堂の中にあった4万人分の人骨を使って、内部を装飾しろと
クトナー・ホラ(&セドレツ)
http://rikabasi.blog55.fc2.com/blog-entry-733.html
クトナー・ホラの聖バルボラ教会のある歴史地区とセドレツの聖母マリア大聖堂 セドレツ納骨堂 我が家から2時間半・・・・・同じチェコだけど遠かった・・・・・ 同じ時間でドイツのニュルンベルクに行けます。
チェコ 世界遺産の町クトナー・ホラ
http://ameblo.jp/his-vienna/entry-10647055100.html
セドレツ納骨堂をあとにし、 世界遺産クトナー・ホラ の 次の見所、 聖バルバラ大聖堂 へ。 13世紀に建てられた見事なゴシック様式の大聖堂です。 聖バルバラ大聖堂から出たところの写真です。
クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖
http://ameblo.jp/whs/entry-10058507880.html
「セドレツ納骨堂」またの名を「ホネホネ教会」(勝手に命名)。中で英語のガイド(A4両面)を貸してくれたのですが,全部読みきらず,覚えきれずで詳細不明…。大量の骨でナゼかシャンデリアや某家の紋章やらを作り,まるでレゴランド-骨バージョン,といっ
世界遺産・クトナーホラへの行き方を解説
http://miledeisan.com/guide/kutona.htm
クトナーホラー本駅を出て右側を道なりに15分ほど歩くと聖マリア聖堂に着きます。 近く には、墓地教会(セドレツ納骨堂)があり4万人の人骨を見ることができます。 大きな 地図で見る · 大きな地図で見る 聖マリア大聖堂から聖バルバラ大聖堂へはやや上り坂 に
セドレツ納骨堂: 愛犬ビックと私
http://fsk-1931.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-fe7b.html
チェコの首都ブラハから東に約70キロの町クトナーホラ近郊のセドレツにある納骨堂。全聖人教会地下にある納骨堂は4万人の人骨が保管そのうち約1万人分の人骨で礼拝堂の装飾にしている。 セドレツの全聖人教会. Imgp4652. 14世紀 

ピックアップ廃墟