バケットホイールエクスカベーター 概要・歴史

バケット・ホイール・エクスカベーターは、露天採掘に用いられる大型建設機械の名称。

長いアーム先端に回転式の巨大なホイールがついており、ホイールの外側に複数の掘削バケットがついている。採掘したい場所にこのホイールを押しあてて回転させ、表土の鉱物を大量に削り取る。

旧東ドイツ人民公社であったタカフ社が製造した「バーガ293」は人類史上最大の自走機械としてギネス世界記録にも登録されている。

衛生写真でもその巨大な姿を確認できる。

珍スポットとして愛好されていますが現役施設です

バケットホイールエクスカベーター 国

ドイツ

バケットホイールエクスカベーター 種類

珍スポット・巨大施設

バケットホイールエクスカベーター 画像・写真

バケットホイールエクスカベーター

バケットホイールエクスカベーター ブログ・リポート

バケットホイールエクスカベーター - 知らなくても生きていける雑学が
http://kmktwo.blog95.fc2.com/blog-entry-106.html
2007年8月31日 世界最大の自走式機械 バケットホイールエクスカベーター」 巨大機械といえばまず ロケットや宇宙ステーションなどが思い浮かびます。 しかし、人類は地上でも超巨大な 機械を生み出してきました。 現在稼動しているなかで最も大きな自走式

ピックアップ廃墟