バズルジャ(Buzludzha)

バズルジャBuzludzha)は、ブルガリアのバルカン山脈にあるモニュメント。高度1441m地点。

1868年のオスマン帝国とブルガリア反乱軍の戦いの舞台となった場所である。1891年に社会主義勢力が結集したことを記念して建てられた。

旧ソ連時代には、共産党代表や政府首脳の会談などでも使用されており、建物内には会議、レストラン、宿泊施設があった。

現在は廃墟化し、内部は火災により損傷している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

バズルジャ(Buzludzha) 国

ブルガリア

バズルジャ(Buzludzha) 種類

その他・廃墟一般

バズルジャ(Buzludzha) 画像

バズルジャ(Buzludzha) 写真・ブログ・リポート

【ブルガリア・共産党ホール】廃墟潜入!朽ちた
http://hirokenji.com/blog/2016/03/12/bulgaria-buzludzha/
この美しい廃墟は「バズルジャ(Buzludzha)」と呼ばれ、1981年に作られブルガリア共産党本部として使われていた場所だった。 1989年の東欧革命で共産党が解散。以降、誰も使わなくなり廃墟と化してしまった。 かつてはレストランや