畑田変電所 概要・歴史

畑田変電所(はただへんでんしょ)は、香川県綾歌郡綾川町にある変電所跡。琴平線畑田駅ホームにほぼ隣接して位置する。「H変電所」等として紹介されていることもある。

1926(大正15)年に琴平電鉄(現・高松琴平電気鉄道琴平線)への電力供給を目的に開所した。高松築港と琴電琴平の丁度真ん中付近のため、ここに立地したらしい。ドイツ、シーメンス社製の1500ボルト水銀整流器を全国で最初に用いられたという。

1980(昭和55)年、滝宮に変電所が完成したことで閉鎖された。

コンクリート二階建ての重厚な建物が残り、住宅街となった一帯の中で異彩を放っている。現在は二階建てだが、現役当時は上に操作室のような施設があり全三階建てだったという。建物全体に蔦が這い、経年劣化により剥落箇所やガラスの損壊なども見られる。

2019年1月現在、周囲にロープが張られ管理されている。

また、関連は不詳だが、近くの県道282号線琴平街道沿いに古いコンクリート建築がある。小屋程度のサイズの平屋建て建物で、使用されていない木製電柱と共に残っていることから、何らかの関係があった可能性もある。

状態
2019年01月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

畑田変電所 住所

香川県綾歌郡綾川町畑田

畑田変電所 種類

廃工場・発電所

畑田変電所 画像・写真

畑田変電所
畑田変電所
畑田変電所
畑田変電所
畑田変電所
畑田変電所
畑田変電所
住宅に隣接している
畑田変電所
県道282号線琴平街道沿いのコンクリート建築
畑田変電所
県道282号線琴平街道沿いのコンクリート建築
畑田変電所
ガラス戸は新しい
畑田変電所
県道282号線琴平街道沿いのコンクリート建築

畑田変電所 ストリートビュー・空中写真

畑田変電所 スポット

畑田変電所 関連ブログ・参考リンク

ことでん 畑田変電所【鉄る】
http://tetsuru.fc2web.com/k08.html
概要 大正15年、琴平電鉄(現高松琴平電気鉄道琴平線)の開業と同時に、同線への 電力供給を目的に「畑田変電所」は開所した。 所を廃止されてから整備はしていない だろうことでコンクリートの外壁はいたるところで剥がれ落ち、ガラスは割れ、完全な廃墟 と
旧畑田変電所
http://www5f.biglobe.ne.jp/~con-suke/youkan/hatada/hatada.html
香川県綾歌郡綾南町の高松琴平電鉄・畑田駅のホーム脇にある変電所跡。コトデン 琴平線に電力を供給していたが、昭和五十五年に閉鎖、現在は朽ち果てるままの廃墟と なっている。 Photo by Tatsuo Yamamoto. 右から左に「琴平電鉄、畑田変電所」と 読める
高松琴平電鉄 琴平線 畑田-陶
http://www5f.biglobe.ne.jp/~otanix/sub1_Kotoden_hatada.html
今ではかなり老巧化しており、不気味な雰囲気を周囲に漂わせている。廃墟マニア大 喜び
畑田変電所|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/67.html
香川県琴平電鉄の畑田変電所、町中に静かにたたずんでいます。大正15年交直変換施設として設置、昭和55年ごろまで使用されていたようです。変電所なので敷地内に碍子が山のように積まれていました。当然通電されていないので、感電の危険はありません。それでも高電圧施設を見
みんなの県政THEかがわ<あれ、なんな?in香川>
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kohosi/0403/arenanna.html
ことでん畑田変電所の跡. 戦後間もない時期の畑田変電所 (『60年のあゆみ』高松琴平 電気鉄道株式会社発行から 畑田変電所は戦後も稼働し続けましたが、昭和55年、 滝宮変電所に業務を移管して閉鎖しました。現在は老朽化して危険なため、敷地内への
畑田変電所(3)
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-657.html
鉄道ファン、そして廃墟好きと小粒の物件ながら 各方面に大人気(?) Nikon D200 + Nikkor AF35mm F2D 閉鎖以来、30年間変わらぬ姿でここに佇んでいると思われるのですが きっとその間に
畑田変電所(2)
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-656.html
周辺の雰囲気を含め、かなり廃墟然としていたのだが 今回目にした姿は少し整備というか手入れされている様子だった 周りの雑草もキレイに除去されてたし。 よほど有名な廃墟でない限り、 人知れぬ間に解体されているというのはよくある事である。
畑田変電所跡 高松琴平電気鉄道@エムサ菌総合研究所
http://www.interq.or.jp/dragon/msakin/kotoden/hatada.htm
蔦に覆われたコンクリート造りの洋館風のこの建物は、琴平線の前身・琴平電鉄が1926(大正15) 年の開業に備えて開設した変電所で、 1980(昭和55) 年7月に閉鎖されるまで琴平線に電力を供給していました。
近代土木の散歩径 畑田の変電所
http://www.pintruss.com/doboku/plant/hatada.htm
琴電畑田駅横にある廃変電所です。しかし、蔦にからまれ・・・。 なお、ここは大正15年 の開業時に完成し、昭和55年まで活躍していたとのこと。 地元でも、知る人ぞ知る物件 らしいですね。 戦時中は空襲を避けるため、赤と黒のペンキが塗られていた跡が残っ てい
香川県 廃墟 H変電所(1)-廃墟写真四国地方にて内の記事
http://eden.rati.info/ruins/sk/02-01/1_12.php
2003年7月撮影香川県某町。K電鉄所有の廃変電所である。住宅街にぽつりとあるその姿は異形そのものであった。僕の廃墟散策のスタート地点となった物件で思い入れは深い。小規模ではあるけれど落書きなど全く以って見受けらない美しい廃墟だった。遠景はこんな感じだ。田舎の
超有名な廃墟スポットより - 三本松 メガネのカワイ 店長ブログ
http://kawaimegane.blog40.fc2.com/blog-entry-1509.html
旧畑田変電所…聞いたことがあるな。長い歴史のあるコトデンの古い施設。検索してみると・・・※これはお借りした画像です。おぉこれはなかなかの雰囲気。とりあえず行ってみよう…というわけで、コトデンの琴平線・畑田駅にやって来ました。※クリックで拡大します周りの雑草は刈
不肖 廃墟太郎の廃墟狂時代 戦禍に耐えた変電所 畑田変電所
http://pantani1966.blog92.fc2.com/blog-entry-5.html
香川県唯一の私鉄、高松琴平電鉄通称ことでんことでんの畑田駅のホームから見える周辺の環境に溶け込まない洋館がある。夏は蔦で覆われる。中には歴史を感じさせる機械が、現在は入口が封鎖され進入できなくなっています。冬はさびしいイメージ2004年-2005年香川県
Paper mode |廃墟・・・「畑田変電所」
http://kpaper12.blog13.fc2.com/blog-entry-73.html
電車に乗り、畑田駅に着くと車内からでも見えるこの物件。駅の目の前、住宅に囲まれて建っている。大正15年に琴平電鉄、路線開通に合わせてこちらも完成。そして、数十年たった昭和55年に閉鎖に至る。というわけで、金比羅山に行くために乗った、ことでんの琴平線の中に丁度、
●●●廃夢空虚●●●
http://nao.s54.xrea.com/ruins/001.html
畑田変電所(香川県)琴平電鉄畑田変電所。大正15年、高松~琴平間を結ぶ琴平電鉄(現在のことでん琴平線)の開通にあわせて完成し、昭和55年、滝宮変電所に業務を移管して閉鎖となった。詳細はこちら。前のページに戻るサムネイルをクリックすると大きな画像でみれます。
暗夜津隠: 旧畑田変電所 【廃墟】
http://www.anyanooni.red/2016/04/blog-post_71.html
旧畑田変電所の廃墟写真 暗夜津隠 廃墟写真を中心としたfotolog 2016年4月14日木曜日 旧畑田変電所 【廃墟】 2006年撮影 投稿者 anyano oni 時刻: 15:28 メールで送信 BlogThis! Twitter で共有する Faceb

ピックアップ廃墟