シャルトリューズ要塞

ベルギーのリエージュ(Liège)にあるシャルトリューズ要塞(Fort de la Chartreuse)。

ベルギー建国前の1817年に、マース川沿い防衛ラインの一環としてオランダ軍によって建造された。3000人の兵士を収容できる。

1830年の革命時にベルギーによって接収され、兵舎とされた。第一次および第二次世界大戦では、ドイツの刑務所として使われた。1944年から1945年の間は、アメリカ軍が第二十八米軍病院として利用していた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

シャルトリューズ要塞 国

ベルギー

シャルトリューズ要塞 種類

軍事施設・戦争遺構

シャルトリューズ要塞 画像

シャルトリューズ要塞 写真・ブログ・リポート

FortdelaChartreuse:シャルトリューズの砦|TomboyUrbex
http://www.tomboy-urbex.com/fort-de-la-chartreuse/
ベルギーのシャルトリューズの砦と呼ばれる、要塞の廃墟に行ってきました。近所の人のお散歩コースにもなっている場所なので、アクセスは非常に簡単でした。赤煉瓦で作られた四階建て建物が3つ、中には地下砲台跡や武器庫がありました。軍に関係するのものは一切残っていません。
#182シャルトリューズ要塞--失われた場所クロニクル
http://www.geocities.jp/corruption_and_decadence/cn4/cn8/182.html
topphotoprofilebookmarkbookshelf#182シャルトリューズ要塞FortdelaChartreuseTweet