ジョセフ・ルメール・サナトリウム

ベルギーのオーベレルエイセにあるジョセフ・ルメール・サナトリウム(Sanatorium Joseph Lemaire)。

1937年に保険会社ラ・プレヴォヤンス・ソシアル(La Prévoyance Sociale)の資金を受けた建築家Maxime Brunfautによって建てられた結核患者のための療養所である。1980年代初頭に精神病院に転換され、1987年に閉鎖された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ジョセフ・ルメール・サナトリウム 国

ベルギー

ジョセフ・ルメール・サナトリウム 種類

廃病院

ジョセフ・ルメール・サナトリウム ストリートビュー・空中写真

ジョセフ・ルメール・サナトリウム 写真・ブログ・リポート

Urban exploration: Joseph Lemaires Sanatorium
http://www.forbidden-places.net/urban-exploration-Joseph-Lemaire-TB-Sanatorium
Lemaire Sanatorium was built in 1937 by the Belgian architect Maxime Brunfaut and funded by the insurance company La Prévoyance So
Sanatorium Joseph Lemaire | World Monuments Fund
https://www.wmf.org/project/sanatorium-joseph-lemaire
Sanatorium Joseph Lemaire
Sanitarium Joseph Lemaire: an Abandoned Sanatorium in Tombeek, Brabant Belgium
http://opacity.us/site137_sanitarium_joseph_lemaire.htm
In 1937, an insurance company called "Prévoyance Sociale" issued a proposal to build a sanitarium in Tombeek, near Overijse. The

ピックアップ廃墟