検見川送信所

検見川送信所(けみがわそうしんじょ)は現在の千葉市花見川区検見川町にあった逓信省、日本電信電話公社(電電公社)の無線電信所(送信所)である。逓信建築の代表作のひとつ。

対外国通信を目的とした施設であり、また日本で初めて短波による標準電波を送信した施設でもある。

太平洋戦争(大東亜戦争)中は南方の占領地との通信拠点だった。表現主義の本館は東京中央郵便局を設計した逓信省技師の吉田鉄郎が設計した。

1979年に施設を廃止した。現在、建物は本館のみが残っており敷地も含めて千葉市が中学校用地として所有している。

建物は取り壊される方針であったが2007年8月に発足した「検見川送信所を知る会」が中心となって保存運動を展開した結果、市は当初の方針を見直しその歴史的価値の再検証と今後の処置を検討中。2009年3月24日、重機によって侵入防止用の鉄板などが破壊されているのが見つかる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

検見川送信所 住所

千葉県千葉市花見川区検見川町

検見川送信所 種類

通信施設

検見川送信所 画像

検見川送信所

検見川送信所

検見川送信所

検見川送信所

検見川送信所 写真・ブログ・リポート

検見川送信所
http://denwakyoku.jp/kemigawa.html
大正15年(1926)4月1日、東京無線電信局検見川送信所は対外国通信を主な目的に 発足。 欧米に比べ遅れていた日本の対外国通信は、明治29年(1986)の長崎~台湾間 第一線の施設をはじめとして、東京~小笠原間、佐世保~大連間、長崎~上海間、
検見川送信所跡
http://www.geocities.jp/shyu0530/kemi.html
廃墟 検見川送信所. 鉄壁城砦 (文化遺産の計画がございます)詳しくは→検見川送信 所を知る会. SUEZOU氏情報提供有難うございました。 大正15年4月1日(1925年) 開局。初代所長菊谷秀雄氏就任. 目的は対外国通信が主な目的であったが、昭和5
閉局~「知る会」発足 検見川送信所を知る会
http://kemigawaradio.web.fc2.com/cont/ab/progress.html
9月30日, 共産党・中村公江市議が千葉市議会において「PTAや学校関係者、自治会の 役員の方から、朽ち果てた旧検見川送信所の建物を何とか早く撤去して欲しいと要望が あった。コンクリートの壁に囲まれ、築74年以上の廃墟となった建物は、薄気味悪く
SCENERY - 031 検見川送信所跡の画像 | 6Frogs - 毎日をデザインで
http://ameblo.jp/6blogs/image-10436789761-10379787406.html
6Frogs - 毎日をデザインで考えるの「SCENERY - 031 │ 検見川送信所跡」に投稿 された画像です。
検見川送信所
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/kemigawa/kemigaw1.html
廃墟愛好家の友人に、戦争遺跡でもある「検見川送信所」に連れて行ってもらいました。 ●検見川送信所 千葉県花見川区検見川町5-2069 幕張IC側からR14を走行し、「千葉 西署入口」交差点を左折。坂を登っていってまた左折しました。すると、正面に建物が
検見川無線
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/kemigawamusen.html
その後、長らく廃墟となっていたが、「検見川送信所を知る会」の活動によって市が建物 の保存を検討しているという。 霊的な噂としては、軍人の幽霊がよく出るそうである。ここ で戦死した人がいたのかは調べてみないとわからないのだが、建物の状態から察する
File 027 検見川送信所 - ちBポ 千葉の愛しきB級スポット達
http://www.chibpo.com/spot027.html
2008年9月21日 File 027 検見川送信所 新検見川駅からすぐの閑静な住宅街の中に空き地があり、 そこにひっそりと建つ廃墟。 この廃墟こそ、太平洋戦争開戦の暗号、 「ニイタカヤマノ ボレ」を送信した有名な通信所なのです。 検見川送信所【所在地】千葉県
SCENERY - 031 検見川送信所跡|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10436789761.html
2010年1月23日 6Frogsの6Frogs - 毎日をデザインで考えるの記事、SCENERY - 031 │ 検
心霊スポット
http://sizk.makusta.jp/e92585.html
台風の余韻残る曇り空 築後80年を越える廃墟はただならぬオーラを放っています 霊感 旧検見川送信所 1926年4 月1日 - 東京無線局検見川送信所として開局。 戦前の歴史ある建造物です。 そんな由緒ある建物なので
ノンフィクション小説「検見川送信所」はじめに
http://moleskine.air-nifty.com/blog/2010/10/post-df3d.html
そんな折、インターネットのあるホームページで検見川送信所の存在を知った。 なんでも、日本初の国際放送を行なった施設ということだったが、一九七九年に閉局され、以降は廃墟状態となっているという。跡地は中学校予定地ということもあり
ニイタカヤマノボレ(検見川送信所跡): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/10/post-9ab2.html
2011年10月28日 実はこれ、旧逓信省の検見川送信所(けみがわそうしんじょ)の跡。 外国通信を目的と した施設で、日本で初めて短波による標準電波を送信した由緒ある歴史的施設なのだ。 中学校用地として市に払い下げられたが、保存運動が持ち上がって
廃墟を旅する 【産業遺産】検見川送信所
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-4.html
2010年10月15日 廃墟を旅する. 産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・. 【産業遺産】 検見川送信所. 場所は千葉県検見川町、ここに逓信建築の代表作があります。 検見川 送信所 検見川送信所とは、大正時代に作られた建築物です。
検見川無線送信所跡に行ってみた: ドン・キホーテの独り言
http://don-quijote.air-nifty.com/donquijote_business/2009/04/post-ad1e.html
2009年4月26日 検見川無線送信所跡に行ってみた. 2009年04月26日 晴れ 今朝の『朝日新聞』の千葉 版に、『検見川送信所』の保存を訴える会が写真展を開催という記事が載っていました。 そういえば、この稲毛に引っ越して来た頃には、あの送信所はまだ
SCENERY - 062 検見川送信所跡|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10591694061.html
2010年7月15日 6Frogsの6Frogs - 毎日をデザインで考えるの記事、SCENERY - 062 │ 検見川送信 所跡です。
廃墟って言うな。これは近代遺産だ ~検見川送信所~|関東土木保安
http://ameblo.jp/kanto-ce/entry-11140373001.html
2012年1月19日 検見川送信所も残存する個体としてはだいぶ貴重ですね。 関東土木保安協会 ▲窓は 全て鉄板でふさがれており、復元が望まれる 進入者防止のために窓や入口は全て ふさがれています。 廃墟を荒らしまわる無法者が多いためこうなって
撮るだけ撮ったら腹ごしらえ 検見川送信所跡
http://106season2.blog15.fc2.com/blog-entry-885.html
2012年1月18日 検見川送信所跡. DSC05288.jpg 住宅街に柵で囲まれた一角がありました 日本で 初めて短波による標準電波を送信した施設であり 戦時中は対外国との通信拠点でした 全ての窓は鉄板で塞がれて侵入経路は無い 建物の内部はこちらで
検見川送信所 - FC2
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/chiba/building/kemigawa/kemigawa.htm
この建物は1926年に、外国との通信を目的に建造された『東京無線局検○川送信所』 の跡地です。 日本初の標準短波通信を行った送信所で、第二次世界大戦中には、. 東南アジア圏との間の通信の重要拠点を担っていた戦争遺跡でもあります。 当時は、 敷地
千葉市散策その8(検見川送信所)
http://takuan21a.blog35.fc2.com/blog-entry-2452.html
この日、最後に訪れたのは検見川送信所。 廃墟チックなこの建物は電電公社の無線送信所。 1926年(大正15年)竣工。 設計は東京中央郵便局で有名な吉田鉄郎。 以前は壊される運命にあったのですが
検見川送信所の内部を見学
http://kumagai-chiba.seesaa.net/article/131633854.html
この日は午前中は 検見川送信所 を視察しました。 議員時代から検見川送信所の保存を求める活動には参加させて頂いていましたが、内部に入るのは初めてです。放置されてから長いため廃墟同然ですが、建築物そのものはしっかりしており
検見川送信所を見た
http://blogs.yahoo.co.jp/ranasak863/21695093.html
2007年8月に発足した「検見川送信所を知る会」が中心となって保存運動を展開した結果、市は当初の方針を見直し、その歴史的価値の再検証と今後の処置を検討中。 廃墟マニアの間では有名な施設であるが跡地は立入禁止となっている。