矢納水力発電所は、埼玉県児玉郡神川町矢納にあった発電所。「Y水力発電所」「Y納水力発電所」等として....

矢納水力発電所

矢納水力発電所 概要・歴史

矢納水力発電所は、埼玉県児玉郡神川町矢納にあった発電所。「Y水力発電所」「Y納水力発電所」等として....

矢納水力発電所 画像

矢納水力発電所
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
矢納水力発電所
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

矢納水力発電所 ストリートビュー・空中写真

矢納水力発電所 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/33924231.html
今回ご紹介するのは、とある場所に残っている水力発電所の廃墟。藪に覆われていて建物に辿り着くのはかなり苦労しそうに見えますが、意外と簡単に行くことが出来ます^^
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10877586461.html
2011年5月1日 6Frogsの6Frogs - 毎日をデザインで考えるの記事、REPORT - 092 │ 矢納水力発電 所跡です。
http://www.suiryoku.com/gallery/saitama/yanou/yanou.html
東京電力 矢納発電所 跡. 所在地:埼玉県児玉郡神川町矢納交通:JR八高線 児玉駅 より約15km. 特記事項. 埼玉県初の水力発電所です。 発電所諸元. 歴史: 所有:武蔵 水電[運開]-帝國電燈-東京電燈-東京配電-東京電力[廃止]: 大正 3(1914)年 11
http://blogs.yahoo.co.jp/motimoti74/30914840.html
2007年1月1日 神川町営バスの、登仙橋バス停の目の前にある、 「仙人之紅葉」のすぐ下に、埼玉県 最古の水力発電所、 旧矢納水力発電所があります。 今から95年前の1914年に完成。 イメージ 2. イメージ 3. ※内部は、危険な場所が多数あるので、十分に
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-103.html
埼玉県の山奥深くにこの廃墟は存在する。それはあたかも隠されているかのようにひっそりとしていた。 今回紹介するのは【矢納水力発電所】という廃墟である。1914年、明治時代に運転をはじめて依頼、その年に始まった第一次世界大戦と第 
http://enuenuenubi.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
自然に戻るその過程の美しさ、ってのが廃墟のさ、ねえ? アレなわけじゃん! 魅力的なやつ! _DSC0506.jpg 廃墟は、自然の偉大なる力によってゆっくりと壊していっていただきたいものです。 整理整頓です。 _DSC0583.jpg 三連窓。
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/2712229.html
2008年7月27日、9月14日、2009年12月20日、2011年9月24日探訪大正4年(1914年)11月16日に運転が始まった、埼玉県初の水力発電所。神流川上流域の下久保ダム建設に伴い昭和41年(1966年)12月22日廃止され、その後は廃墟となっている
http://www.yamaro.net/photos/ruins/y-hatsuden/index.html
2013年、なべ氏と恒例のGW廃墟撮影を行ってきました。前半に訪れたのが、このY発電所跡。1914年(大正4年)に運用開始、1966年(昭和41年)に、上流にダムが出来たことから、送電停止し、運用廃止となりました。既には設備等は撤去されており、建物だけの状態で
http://blog.livedoor.jp/mistral_mt/archives/30955769.html
埼玉県と群馬県の境界に水力発電所の跡地があります・・・・そこまでに行くルートは2パターンあるんですが川を超えるルートと超えないルートです・・・・まぁ、行けばわかると思うんですがこういう写真を持っているおバカさんを見かけたらルートの選定を間違えたんだなと思ってく
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2014/08/post-31ce.html
「矢納水力発電所」は1914年(大正3年)の稼働。埼玉県で最も古い水力発電所だ。これは神流川。上流(奥)に下久保ダムが完成したので普段は水が少ないが、今回は雨の後でこんな濁流となっている。赤く映り込んでいるのは神流川を渡る橋(登仙橋)の一部。橋の左手が埼玉県、
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/8248508.html
2014年2月15日 雪の矢納水力発電所. 2014年2月8日探訪。 ここに来るのも何度目だろうか。 降雪量の少ない関東圏では、雪景色の廃墟を撮る機会など滅多にない・・・ と思いきや、これを書いている現在の外は8日以上の大雪に見舞われているw twitterでツ黴
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2014/08/post-8547.html
2014年8月27日 矢納水力発電所の廃墟(前編)から続く。 さらに奥まで進んでみる。 Yanou_12. すると別棟になる木造の建物には階上に昇る階段が。 下のほうの踏み板は腐ってかなりやばそうなので、慎重に上がる。 Yanou_08. そこは事務所だったんだろツ黴
http://ruin-explorer.com/yanopower/yanopower.html
矢納水力発電所廃墟【週末探検隊合同オフ】水力発電所跡撮影水力発電所跡の廃墟へやってきた。ここは、2006年11月に来た場所だ。私自身が直接教えてもらったわけでもなく、週末探検隊のメンバーが教えてもらい、一緒に同行した。私が探した物件では無いので公開は差し控えて
http://lrab3s3t.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
役目を終えた発電所は森の中にひっそり存在していた発電所内部窓から差し込む優しい光森の中の煉瓦造りの発電所私が絵本の主人公だったら是非迷い込みたい
http://plaza.rakuten.co.jp/chanow/diary/201512270000/
突然のように、保存が決まったらしい矢納発電所跡(驚)どなたかは知りませんが?個人所有になったッポイ?で・・・今まで藪の中に遭った物が!突然のように整備され!こうして、道路脇から見ることが出来るようになった!(凄)案内板も整備され!敷地内に入っても良いようにも見
http://ameblo.jp/campanerula/entry-12235088590.html
ここ数年見てる中で一番素晴らしい廃墟だと思う。堂々と廃墟って呼べる物件だし、法的に問題なく入れるし、文句ない。それだけに人気があるのかと思っていたんだけど、アクセスがちょっと悪い。でも、ちゃんと駐車スペースもあったりするんだよな~。だから先客がいた(笑)ウェデ
http://blog.livedoor.jp/darker916/archives/50159871.html
2015年12月中旬 今年最後の廃墟旅だと思って、近場でまだ行ったことのない場所を目指すことにした。これがここ、矢納水力発電所 なんと埼玉県最古の水力発電所らしい。上の道路からチラッと見える 階段を降りていくと、
http://sen2000y.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
産業遺産、矢納水力発電所。 おじゃまします。そうだ・・・この感じ。傘がポツンと。これも絵になる。 また廃墟への探訪は危険が伴います。当サイトは探訪を推奨するものではございません。 万が一問題が発生した場合こちらで
https://haikyomeguri.wordpress.com/%E7%9F%A2%E7%B4%8D%E6%B0%B4%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80/
矢納水力発電所は2016年5月に巡った、埼玉県にある廃水力発電所です。総合評価:【3.2】★★★★★【アクセス】「道路からアクセスできるが、入り口や階段などにご注意」★★★★★【規模】「大きな発電所の建物1つのみ」★★★★★【安全度】「場所によって床に大きな穴
https://ameblo.jp/lascelles2/entry-12345958146.html
と言うので話は戻ってしまうが、mog氏が対岸から撮影した矢納水力発電所の画像と共にお送りしましょう。 相当前にも書み会をしたんだったな…。 話をする中で初めて廃墟や遺構が好きなのがわかり…。 初めて二人がデートしたそ
矢納水力発電所 関連ワード
  • 前編
  • 埼玉県
  • 廃墟
  • 建物
  • 後編
  • 続く