千歳樓(千歳楼)

千歳樓(「千歳楼」「千歳櫻」の表記もあり)は、愛知県瀬戸市の玉野川渓谷にあった昭和3年創業の老舗旅館。「C桜」「○○楼」等として紹介されていることもある。

川の対岸からも人的破壊の跡やボヤ跡らしきものが確認でき、道路側からは落書きも見られるが、バリケード・防犯カメラが設置されている。

駐車場は利用されているらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

千歳樓(千歳楼) 住所

愛知県瀬戸市川平町

千歳樓(千歳楼) 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

千歳樓(千歳楼) 画像

千歳樓(千歳楼)
©Google

千歳樓(千歳楼) 写真・ブログ・リポート

廃墟探索「千○楼・前編」 - ブログやってんのかよ!! - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo666snake/37752354.html
さて今回は、とある旅館の廃墟。伏せ字にする意味ないぐらい、愛知県では有名な廃墟です。前々から知ってはいましたが、超有名廃墟に有りがちな「侵入不可」という情報を耳にしていました。
廃墟探索「千○楼・後編」 - ブログやってんのかよ!! - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo666snake/37762657.html
さて前回の続きで、とある旅館の廃墟です。 超有名廃墟だけに、侵入困難&荒らされ放題&放火済みという、既に廃墟としても末期の状態。 全体像からはわかりにくいですが、半分ずつに分かれています。一旦、一階まで戻り、もう片方の棟へ。
名古屋の奥座敷・定光寺 (1) 廃墟旅館千歳樓<前編> - 日本DEEP案内
http://japandeep.info/20100420/193340.html
この川を挟んで定光寺駅があるのが愛知県春日井市玉野町、向かいが愛知県瀬戸市 定光寺町となる。愛岐道路を少し進むと岐阜県多治見市に入る。 多治見に入ると、古 虎渓ハウスというまた有名な廃墟スポット(これも廃旅館)もあって、何気にヤバイエリア だ
名古屋の奥座敷・定光寺 (3) 廃墟旅館千歳樓<後編> - 日本DEEP案内
http://japandeep.info/20100420/201042.html
2010年4月20日 名古屋駅からたったの20分で来られる秘境駅「定光寺駅」を降りると、目の前の渓谷に.. .
名古屋の奥座敷・定光寺 (2) 廃墟旅館千歳樓<中編> - 日本DEEP案内
http://japandeep.info/20100420/200931.html
2010年4月20日 愛知県春日井市玉野町、名古屋屈指のベッドタウン「高蔵寺ニュータウン」に
千歳楼 (加藤唐九郎障壁画)
http://www.gulf.or.jp/~houki/geijyutu/titoserou.htm
千歳樓とはJR中央線定光寺駅にほど近く、庄内川沿いに建つ料理旅館である。川を 挟んで南東が瀬戸市、北西が春日井市である。千歳樓は庄内川の北西側にあり、住所 も春日井市だ。ちなみに定光寺は瀬戸市定光寺町にある臨済宗の古刹、尾張藩祖徳川
『廃墟 60』 - 四季の旅人写真館 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shikinotabibito/64055239.html
2005年5月7日 この廃墟は、千歳楼でしたっけ? かつては、かなり有名な料亭で栄えた事を覚えており ます時代についていけなかったんですかね? 2011/1/8(土) 午前 0:24 夢中人. 顔 アイコン. YU-KIさん、今晩は。 愛知県と岐阜県の県境近く、多治見市の
5/4 もうちょっとで秘境駅なのに?(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/fukarr/60961550.html
千歳楼と反対側(駅の方)に歩いてみます。 と行っても数十mですが。 左の壁の上が線路、右の民家の裏が川です。車1台分の道。 秘境&廃墟感たっぷりでした。 次なる目的地へ移動します。 JR東海 中央本線「定光寺
定光寺
http://kokorowith.seesaa.net/article/182755899.html
缶コーヒーを飲んで帰って来ました。 写真の説明です。 左上は、1時間に2本、普通列車しか停まらない定光寺駅です。 右上は、今や廃墟と化した定光寺のホテル「千歳樓」です。 左下は定光寺、右下は定光寺公園の正伝池です。
廃墟巡礼:千歳樓
http://eyk.blog107.fc2.com/blog-entry-627.html
これまた有名な廃墟である定光寺の廃墟旅館 『千歳樓』 まで足をのばす事にしました。 そもそもここはかつて観光地として賑わっていたぐらいなので、風光明媚な所です。この『千歳樓』も、まるで岩壁にへばり付くように建てられたその外観は威容を誇っ
何はなくとも定光寺駅周辺の玉野川沿いを歩いてみる
http://okuromieai.blog24.fc2.com/blog-entry-1597.html
千歳樓は近くから見るとすごいことになっている。 外階段の柵は錆びてぐにゃぐにゃに曲がっている。なんでこんなことになってしまったのか。 それにしても廃墟化が激しい。 旅館の建物の脇に黄色い花が咲いている。
定光寺駅周辺で電車の人となる
http://okuromieai.blog24.fc2.com/blog-entry-1596.html
料理旅館の代表格だった千歳樓の今。 昭和3年創業の老舗で、一時は大変な賑わいを見せていたようなのに、2003年にわりと唐突な感じで廃業してしまった。 それからわずか6年とは思えないほどの廃墟っぷりで、最近では違った意味で賑わいを見せている。
リハビリぽた
http://mammut.naturum.ne.jp/e752159.html
私が若い頃、テレビやラジオで宣伝していた「定光寺の千歳樓」は 廃墟になっていました。 定光寺駅付近を少しだけ散策して、15%の看板がある短い激坂へ 上り返しです。信号が青に変わるのを待ってスタート! ここはインナー解禁ですが
名古屋の奥座敷・定光寺 (3) 廃墟旅館千歳樓<後編> - 日本DEEP案内
http://japandeep.info/2010/04/20/201042.html
名古屋駅からたったの20分で来られる秘境駅「定光寺駅」を降りると、目の前の渓谷に.. .
名古屋の奥座敷・定光寺 (2) 廃墟旅館千歳樓<中編> - 日本DEEP案内
http://japandeep.info/2010/04/20/200931.html
愛知県春日井市玉野町、名古屋屈指のベッドタウン「高蔵寺ニュータウン」に隣接する玉. ..
白骨旅館
http://ameblo.jp/hebipaku/entry-11330555225.html
一度は場所を間違えて、他の廃墟風家屋に。 人がいたんです。住人?見た目は廃墟だったですけど。まあこの世の人だったと思います。 それにしても、知らなかったな。 千歳楼に骸骨があること。 シーズンだし。知っていたら訪ねてみたのに(残念) 最近の画像
有名「心霊スポット」に座ったままの白骨死体 「あまりにリ
http://www.j-cast.com/2012/08/16143078.html
8/16 19:18 インタレストマッチ コメント (5) 印刷 愛知県春日井市にある元老舗旅館「千歳楼」といえば知る人ぞ知る心霊スポット。不法侵入する人が後を断たず「肝試しに行った」などという 廃墟となった旅館は非常におどろおどろしく、窓ガラスは割られ
定光寺千歳楼 | iPhone持って珍スポいてくる - iPhone持って廃墟いてくる
http://www.itamiwake.com/2012/09/blog-post_3.html
2012年9月3日 白骨遺体が見つかったってことでニュースになってしまいましたね。 取り壊されるのか これからも放置され続けるのかわかりませんが… いいとこですよ、定光寺。 当ブログへ のアクセスありがとうございます。 上記の画像がRSSリーダーへの 
廃線跡を歩く ① - ドライブと鉄道 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ksms0044/32649321.html
右は大阪中央環状線と近畿自動車道です 4つのトンネルを抜けて1.7キロ先へ この廃線&愛岐トンネル群は私も3年ほど前の春に歩きました。 兵庫県の旧福知山線は歩きましたよ。 . JR近江塩津駅で食すヨモギ焼餅がのったきつ.
地獄の戦鎚記録:Chitosero...
http://hhheellhammer666.blogspot.jp/2012/08/chitosero.html
Chitosero...1928年創業の老舗旅館だった『千歳樓』です。2003年に廃業になったみたいです。かなりの大型廃墟です。三州園ホテルもでかかったがこれもまたデカイ・・・いろんな角度から撮りたくなります。付近は閑散としています。たびたび火災があったらしく