チッペワ・レイク・パーク(Chippewa Lake Park、チップワパーク)

100年続いた遊園地の廃墟

チッペワ・レイク・パークChippewa Lake Park)は、アメリカ合衆国オハイオ州のチッペワ湖にあったアミューズメントパーク。

1878年にアンドリュー遊園(Andrew's Pleasure Grounds)としてオープン、1898年にチッペワ湖を取得し1960年代まで好調に経営されていた。その後観客数が落ち込み、1978年に閉鎖。

その後31年間にわたり遊具なども放置された廃墟となっていたが、2008年9月にホテルやスパ、レストランなどを含む再開発計画が発表された。2009年4月に取り壊しが始まり、その後すぐに再開発が始まる筈だったが、いくつかの遊具が移動させられ修理されていた。その後遊具の一部は取り壊されたが、2011年現在でも廃墟のまま残っている遊具が数多くある。

航空写真からでも確認できる。

「オンタリオ州チップワパーク」との表記が見られるが、このカナダにある公園・遊園地は現役施設であり、関連はない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

チッペワ・レイク・パーク(Chippewa Lake Park、チップワパーク) 国

アメリカ合衆国

チッペワ・レイク・パーク(Chippewa Lake Park、チップワパーク) 種類

遊園地・テーマパーク

チッペワ・レイク・パーク(Chippewa Lake Park、チップワパーク) 画像