シンシナティ地下鉄 概要・歴史

米国最大の地下鉄未成線

シンシナティ地下鉄(Cincinnati Subway)は、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティの地下鉄未成線。米国最大の廃地下鉄である。

1920年代より建設開始。

使用されなくなっていたマイアミ・アンド・エリー運河の川床にトンネルを埋設する計画だったが、600万ドルの建設資金が底をつき、1927年に建設が無期限中断となった。

約11kmの地下鉄トンネルが整備され軌道敷も完成したが、線路は敷かれなかった。

1928年、地下鉄の上にボウルバード・セントラル・パークウェイ(Boulevard Central Parkway) が建設されている。

現在、シンシナティ地下鉄は未完成のまま、線路の無い地下鉄トンネルと3つの「地下鉄入口」だけが残っている。借金だけが残り、1960年代まで税金から支払いが続けられていた。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

シンシナティ地下鉄 国

アメリカ合衆国オハイオ州

シンシナティ地下鉄 種類

廃線・鉄道駅

シンシナティ地下鉄 画像・写真

シンシナティ地下鉄のRace Street駅
シンシナティ地下鉄のRace Street駅
プラットフォーム跡(2005年)
プラットフォーム跡(2005年)
トンネル出口(2008年)
トンネル出口(2008年)

シンシナティ地下鉄 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟