レモニス原子力発電所 概要・歴史

スペインの未完成原子力発電所

レモニス原子力発電所(Lemoniz Nuclear Power Plant , Central nuclear de Lemóniz)は、スペインのバスク州ビスカヤ県レモニスにある未完成の原子力発電所。アルミンツァ(Armintza)という漁港近くに位置する。

建設開始当初からハンチがあり、1983年に政権交代により原子力政策が転換され、放棄された。

ほぼ完成状態にあったが、一度も運用されることなく現在に至っている。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月07日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

レモニス原子力発電所 国

スペイン

レモニス原子力発電所 種類

廃工場・発電所

レモニス原子力発電所 画像・写真

レモニス原子力発電所(2006年9月)
レモニス原子力発電所(2006年9月)

レモニス原子力発電所 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟