少菩提寺

少菩提寺は、滋賀県湖南市にある廃寺。

戦国時代に織田信長の兵火に焼かれて廃絶した。寺の跡には現在遺物として、石仏と多宝塔(たほうとう)が残っており、国の史跡に指定されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

少菩提寺 住所

滋賀県湖南市菩提寺

少菩提寺 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

少菩提寺 画像

少菩提寺
©Google

少菩提寺 写真・ブログ・リポート

宝塔
http://www5e.biglobe.ne.jp/~truffe/hoto.htm
笠の落ち着いた軒反り、屋根の比較的緩やかな 曲線、首部中程の堂々とした帯状の 勾欄、中程が 微妙に膨らんだ塔身、扁平な格狭間の彫られ .. 嵯峨野の野々宮神社 から竹薮を抜けて行くと、保 津川を望むことの出来る高台に、俳優だった故大河 内 伝次郎氏の広大な山荘が保存されている。 .. か...
近江山河抄・近江路
http://achikochitazusaete.web.fc2.com/sirasumasako/oumisangasho/0oumiji/sm.html
万葉時代に、すでに廃墟と化した志賀の都は、そのまま近江の国を象徴しているように 見える。律令制 . 少菩提寺跡の石塔はみごとなものである。高さ四・五五 いい味に 風化しており、その背後に菩提寺山が深々と鎮まっているのは、心にしみる風景である。
廃少菩提寺石多宝塔及び石仏・滋賀県湖南市 - アジアの涼風 - Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anamorura55/57694100.html
今日は天気も良かったので、湖南市までドライブ。菩提寺の石塔と石仏を見学してきた。 画像1:廃少菩提寺石多宝塔、鎌倉期 画像2:地蔵尊像三体、中尊は鎌倉初期、両尊は南北朝の作 画像3:閻魔像.
石塔 近江(西部) - Biglobe
http://www5e.biglobe.ne.jp/~truffe/to-omi-w.html
菩提寺という簡素な集落の外れ、竹林に囲まれた 静寂な雰囲気の中に、この優雅な姿をした石塔は立 っていた。 かつては少菩提寺という寺の有った場所だが、こ の石塔以外には、三体の地蔵菩薩の石像が見られる だけで、全くの廃墟となっている。 常楽寺の