タメルザ(Tamerza)

タメルザはチュニジアにあるゴーストタウン。

ベルベル人の村落だったジェビカ村などが、1969年の大洪水で廃墟と化した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

タメルザ(Tamerza) 国

チュニジア

タメルザ(Tamerza) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

タメルザ(Tamerza) 画像

タメルザ(Tamerza)
©Google

タメルザ(Tamerza) 写真・ブログ・リポート

4日目-10山岳地帯に佇む幻想的な廃墟、タメルザの旧村-オリコとコカ
http://ameblo.jp/co-malico/entry-11735964038.html
2014年1月18日 4日目☆南部の町トズールから砂漠ツアー開始 利用した旅行会社-オリコとコカのチュニジア縦断珍道中 カメラを向けては襲われると本能的に思ったオリコは、首に巻いていた大判ストールでカメラを隠し、迷路みたいな廃墟を足場が悪い中走って逃げ、 . 伝統的なフランス料理を食べるな...
2005GW チュニジア旅行記4日目②
http://www.geocities.jp/anb45696/tunisia/4day-2.html
このホテルのプールサイドからはタメルザの廃村が一望できます。 乾いた風、熱い太陽、荒涼とした景観の中に横たわる廃村の姿って、まるで絵に描いたようです。 ホテルから廃村には歩いて行けるそうですが、この日はゲートに鍵がかかってて行けなかったそう 
チュニジア旅行記 トズール・シェビカ・ミデス・タメルザ編 - LONG LIVE
http://longliverocknroll.blog.fc2.com/blog-entry-447.html
2010年1月16日 FFでこんなとこがあったようなw 40年前の洪水で廃村となった地域です。 これは村の跡地。 ドライバーが『10ミニット』とかいうから10分後集合かと思ったら10時集合でしたw ほんまに英語の通用度が低い国です。 そしてここでも行きの飛行機 
フライングパンプキン チュニジア教室? 「砂漠、そして土漠の美しさ」
http://flyingpumpkin.dtiblog.com/blog-entry-216.html
2008年1月24日 これはシェビカ村、山岳オアシスです これもきれいな風景でしょう? 視線の先は、地平線までなにもない 人工物ゼロ 車に乗っているときもそうでした・・・・ ふたたびタメルザ ホテルの向かいの廃村から見た夕日です チュニジア、サイコー.
チュニジア
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9063/trip_tunesie.html
行き先は30年以上前に洪水で廃村となってしまったタメルザ、ミデス、シェビカ。このうちのミデスというところは映画「イングリッシュ・ペイシェント」の撮影にも使われたところで、アルジェリアとの国境のすぐ近くでもあります。 右の写真がそのミダスの「バルコニー・ 
スターウォーズロケ地に行く前に立ち寄るちょっとロマンチックな廃墟
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/blog-entry-315.html
途中グランドカスカド(大滝)と呼ばれるところを通過するのだが・・・ グランドカスカド これがグランド? めちゃ、しょぼいです。 しかしながら、ここは泳げるらしく、欧米人たちはキャッキャとはしゃぎながら水浴びをしていた。 欧米人たちは、ぬれた 
山岳オアシス(シェビカ・タメルザ・ミデス): おかねの情報室
http://coinkun.cocolog-nifty.com/coin/2009/02/post-2272.html
しかし、観光ポイントはこの廃墟と、その向うに続くハイキングコースだ。ホテルを出て30分ほどで到着。カフェとみやげ物店の入る建物を抜け(写真左・中左)、滝を目指して進む。展望広場から下を見ると、ナツメヤシのオアシスがある(写真中右)。雨は一段と強く降り始めた。足を滑らせないように...
山岳オアシスとサハラ砂漠 - 遺跡ときどき猫
http://isekineko.jp/tunisia-lezardrouge.html
シェピカも1969年の大雨で廃村となったアトラス山脈のオアシスの村跡です。日干し煉瓦で建てられた家の跡が残り、村跡を見ながら山を登って見たのが上の写真。山の下にオアシスが広がっています。 ごつごつした岩山と谷間の
昔とんぼの旅日記 : チュニジア編(34) タメルザ(ミデス)
http://blog.livedoor.jp/nobu_ishikawa/archives/51583533.html
11月5日(木)「タメルザ(ミデス)」 今日はミデスの村に行く。英語本の拾い読みによると、「ミデスはタメルザ同様、ベルベル人の廃村でアルジェリアと国境を接する。廃村からの眺望は一見の価値あり。ジープで行くのが普通だ
タメルザ周辺の風景
http://www5d.biglobe.ne.jp/~yashiya/case2/mypage3-3-4.htm
ガフサのホテル ガフサからタメルザへの途中 タメルザのホテル タメルザのホテル ホテルから見える廃村 夜の月と廃村 朝日 ミデス ミデス タメルザのグランド・カスカド シェビカへの途中 シェビカ シェビカ タメルザから塩湖への途中
昔とんぼの旅日記 : チュニジア編(31) タメルザ
http://blog.livedoor.jp/nobu_ishikawa/archives/51582382.html
< チュニジア編(30) トズールからタメルザ チュニジア編(32) タメルザ > 2010年06月18日 いて、それを透かして向こうに群青色のプール、さらにその向こうの谷間にベルベル人の廃村が見える趣向となっている。うっかりすると
およよな生活 - チュニジア旅行記 -
http://www.oyoyoclub.jp/2004tunisia/1008.php
タメルザの廃村 右手にはナツメヤシのプランテーションが広がる。また洪水が来たら流されそうだけど大丈夫なの? タメルザ・パレス プールの水はどっから持ってくるんだあ?
チュニジア旅行記34「オアシスの村タメルザ」: ばあどの雑木鳥
http://bird.way-nifty.com/diary/2008/08/34_257a.html
四駆でのオアシスの村巡り、最後の村はタメルザ。 この村も、洪水で水没し、今は廃墟となっています。シェビカもタメルザも1969年の洪水で壊滅したのですが、いかに1969年の洪水の凄かったかがわかります。 タメルザの廃村が見える
チュニジア 3日目タメルザ渓谷 10/03/21
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/a-kirari/Tunisia/Tunisia3.html
前に上写真の廃村(手前がワジ(枯れた川))の見える写真左のホテルに連泊です。夕陽・朝日共に(雲が全くないので)綺麗に見えました。 9時に出発し、切り立った渓谷の上にあるミデス村に行きました。1969年の大雨で旧村は
チュニジア - 新地球の迷い旅 | 迷い旅もまた楽しい・・・!!
http://tsusanchabo.com/custom17.html
タメルザの旧村。ナツメヤシオアシスに囲まれた、静かな廃村。 ジェリド湖(塩湖)。200km×80kmもあると言う。 誰が造ったのか、塩で固めて造ったラクダやダチョウの 像が出迎えてくれた。 一見雪原のような光景で、塩の粒も雪の
砂漠の違いがわかるようになる!ぐるっとチュニジア周遊の旅
http://www.fivestar-club.jp/blog/traveler/archives/2015/04/post_653.html
この辺りは50年ほど前に大洪水があり、その影響でタメルザの町などは廃村となっています。今では近くに新しいタメルザの町ができ、町の近くにグランド・カスカドと呼ばれる滝があります。 さらにタメルザから少しのところに
砂漠の違いがわかるようになる!ぐるっとチュニジア周遊の旅
http://www.tour.ne.jp/blog/fivestarclub/94781/
この辺りは50年ほど前に大洪水があり、その影響でタメルザの町などは廃村となっています。今では近くに新しいタメルザの町ができ、町の近くにグランド・カスカドと呼ばれる滝があります。 さらにタメルザから少しのところに
チュニジア旅行記(12/15-22) (17)12/18 ⑥山岳オアシス-2 : 4-3rds
http://hikolympus.exblog.jp/12721972/
ものの数分廃村を歩いて抜けると、高台から渓谷を望む場所に出ます。 右側のナツメヤシ地帯が現在のミデス村です。家々や、この地方特産の織物を干しています。
チュニジア旅行③ チュニジアでの日本 : 今日もまたかくてあ
http://todayand.exblog.jp/17145438
1969年の洪水で水没し、廃村となった村。 撮影している私たちの背後は深い渓谷があり、さらにその背後は隣国アルジェリア。
チュニジア旅行
http://outdoor.geocities.jp/redsox20jp/sub2kaigai2005-8qatartunisia2.htm
洪水時3週間も降り続いた雨で家々の屋根から建物のほとんどが流されたというミデスの廃村の先にバルコニーオアシアウがあり、そこから切り立った深い渓谷が望めるのです。谷底ではいろいろな映画が製作されたそうです