里乃匠 概要・歴史

タイル張りだけが残るアーティスティック空間

里乃匠は栃木県佐野市にあるタイル店らしき店舗。出流原弁天池近くに位置する。

2013年時点では平屋建ての建物があり、一部窓ガラスに損壊が確認できた。

2014~2015年に解体、タイル張りの階段状となった基礎だけが残り、不思議な珍スポット空間となっている。

タイルには「Sすこやか Kけんこう Yやすらぎ」の文字が見られる。頭文字をつなげて「SKY」の意らしい。

建物前の砂利敷のスペースは駐車場として利用されている。

2019年9月時点でタイル張り部分は現存し、何もない土地に美しいタイル模様だけが残る現代美術のような様相を呈している。

状態
2011年09月15日作成  2019年09月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

里乃匠 住所

栃木県佐野市出流原町

里乃匠 種類

その他・廃墟一般

里乃匠 画像・写真

里乃匠(2019年9月)
里乃匠(2019年9月)
建物は既に解体されており、階段状の基礎のタイル張りだけが残っている
建物は既に解体されており、階段状の基礎のタイル張りだけが残っている
一見して何の用途かわからないユニークな風景である
一見して何の用途かわからないユニークな風景である
「里乃匠」の文字
「里乃匠」の文字
「Sすこやか Kけんこう Yやすらぎ」
「Sすこやか Kけんこう Yやすらぎ」
ポップな色柄と砂利、雑草の対比
ポップな色柄と砂利、雑草の対比
里乃匠
やや朽ちたタイル張りの壁面が美しい
やや朽ちたタイル張りの壁面が美しい
並ぶ瓶底がアート作品のようである
並ぶ瓶底がアート作品のようである
壇上部分はタイルが随所でひび割れ雑草が茂っている
壇上部分はタイルが随所でひび割れ雑草が茂っている

里乃匠 ストリートビュー・空中写真

里乃匠 関連ブログ・参考リンク

【写真で観る】栃木県佐野市にある不思議な廃墟「匠乃里」を徹底解説!! | -どあそと- 旅人の為の観光情報サイト
http://jpn.ixcha.com/2017/11/01/%E3%80%90%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%A7%E8%A6%B3%E3%82%8B%E3%80%91%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%B8%82%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8...
出流原弁天池からの帰路に不思議な廃墟がありました。何かテーマパークでも作ろうとしたのか??それとも祭壇??何かしらの手掛かりが無いかと探索してみました。出流原弁天池からの帰路、不思議な城のような建物を発見(;-`д´-)様々な色のタイルが貼られ、「やすらぎ」、

ピックアップ廃墟