灘崎コンクリート 概要・歴史

灘崎コンクリートは岡山県岡山市南区のコンクリート工場。県道21号線沿い新捻橋交差点近く、宇野線彦崎駅近くに位置する。背後には倉敷川支流郷内川が流れる。

1984年以降の建設。少なくとも2000年時点での電話帳に記載が見られる。

2015年の映画『ふうがわりい』のロケにも利用されたらしい。

2019年1月現在、設備の金属部分には錆びが浮き、敷地内にはいくらか雑草が茂っている。またわずかな落書きが見られる。

宇野みなと線を越える陸橋に隣接するため、公道上からでも巨大施設の威容を望むことができる。

状態
2019年01月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

灘崎コンクリート 住所

岡山県岡山市南区植松

灘崎コンクリート 種類

廃工場・発電所

灘崎コンクリート 画像・写真

灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート
灘崎コンクリート

灘崎コンクリート ストリートビュー・空中写真

灘崎コンクリート ブログ・リポート

・AE86フェスティバル  ・廃墟撮影 岡山県灘崎 コンクリート工場(未遂)  ・今後について|今 走らなければ、ずっと走れないような気がした|ブログ|青碧|みんカラ - 車・自動車SNS
http://minkara.carview.co.jp/userid/1456756/blog/31212946/
・廃墟撮影岡山県灘崎コンクリート工場別の日、「あれって廃工場だよな?」と気になっていた工場を訪れてみました。しかし、近くの県道からは丸見えだし、近くを走る電車からも丸見えそうだし、どしゃぶりの雨も降って来たので、中に入るのは断念しました。・今後についてクルマは
生コン地帯。:いちばぁ〜んセンター彦崎。:So-netブログ
http://hikochu.blog.so-net.ne.jp/2014-06-17-1
なぜにここは生コン。跨線橋沿いに「灘崎コンクリート」そして藤田側に「麻生岡山生コンクリート」。「麻生コンクリート」。そう北九州での石炭産業に着手した「麻生太吉」が創業した麻生グループ。「灘崎コンクリート」の工舎はコンクリート色の灰色。方や「麻生コンクリート」は
灘崎コンクリート。:いちばぁ〜んセンター彦崎。:So-netブログ
http://hikochu.blog.so-net.ne.jp/2014-06-20
そして、灘崎コンクリート。なんだかすでに使用されていらしい。地元では廃墟スポットとして人気があるらしい。宇野線で彦崎入すると右でに「灘崎コンクリート」のこの建物が出迎えてくれる。しかし、灘崎も灘崎コンクリートも今は存在しない。

ピックアップ廃墟