パラオのアイライ州、バベルダオブ島に残る日本海軍通信隊跡。 空襲を受けて損壊したコンクリート二階...

日本海軍通信隊跡(パラオ)

日本海軍通信隊跡(パラオ) 概要・歴史

パラオのアイライ州、バベルダオブ島に残る日本海軍通信隊跡。 空襲を受けて損壊したコンクリート二階...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

日本海軍通信隊跡(パラオ) ストリートビュー・空中写真

日本海軍通信隊跡(パラオ) 関連ブログ・参考リンク

http://sakurasakujapan.web.fc2.com/main02/palaukoror/area23.html
「海軍通信隊建物跡」「海軍通信隊建物跡」である。(←)上から見ると十字架のような形をしている。「建物」は二階建てである。米軍はバベルダオブ島には上陸しなかったが、制空権を完全に握られていたためにしばしば空襲を受けた。「建物」の一部は大きく崩落しているが、爆撃に
http://teitowalk.blog.jp/archives/5374454.html
いきなり帝都から大きく離れてしまいますが、パラオ旅行に行ったときに見た廃墟を紹介します。アイライ州の日本海軍通信隊の廃墟です。パラオは太平洋戦争までは日本の委任統治領であったためか親日国であり、日本語もちょっとは通じるため、あまり海外旅行に慣れていない私達でも
http://keibads.blog137.fc2.com/blog-entry-192.html
日本海軍通信隊建物跡 バベルダオブ島007 島の南部にある日本海軍通信隊の基地跡。 廃墟として今も残されています。 特二式内火艇 バベルダオブ島011 基地前に置いてある戦車は特二式内火艇。バーガー屋の近くにあったやつです。
http://washinomiyajinja.at.webry.info/201505/article_6.html
によって作られましたが、1996年、突如中央部分から真っ二つに折れて崩落してしまいました。 橋が無くなって困っているパラオに対して、日本が無償で架けた橋が現在の 『 ニューKBブリッジ 』 です。 画像. ここは海軍通信隊の建物跡です。
http://tokoroniyoritabi.blog102.fc2.com/blog-entry-40.html
バイの後ろにあった石組も何の跡かはもう分らず。 祭壇の跡?お墓の跡? パラオ05_10 旧日本海軍の通信隊建物跡。 パラオ05_11 未だ、中にも入れます。 空襲はあったものの、地上戦は行われなかったためか損傷が少ないように思います 
http://blog.livedoor.jp/maryjane_irma/archives/44138800.html
日本軍も絶対国防圏を守るため、関東軍最強と呼ばれていた第14師団を満州からパラオに移動させ、その所属部隊『水戸歩兵第2連隊』にペリリュー島の守備をさせました。 これまでの『万歳 . 日本海軍通信隊の廃墟 バベルダオブにある
https://babykids.jp/japan-navy-building-palau
今回は、パラオのバベルダオブ島の空港近くにある日本海軍の建物跡を特集!(参考サイトを拝見すると、海軍通信隊跡らしいのですが、ガイドブックには記載がなく、正式な情報がわかりませんでした。)スポンサードリンク海軍通信隊跡のご紹介地図など事前にチェックせずに、ドライ