パーラー・サンタマリア 概要・歴史

パーラー・サンタマリアは茨城県神栖市のパチンコ店。国道124号線沿いに位置する。「パチンコ・サンタマリア」等として紹介されていることもある。

開業時期不詳ながら、1987年以降と見られる。

閉業時期不詳。

上部の巨大な円形構造物が特徴的な建物、巨大な看板が残る。

駐車場が石材置き場に転用されており、建物も資材置き場として使用されているらしく、管理されている。

状態
2018年11月19日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

パーラー・サンタマリア 住所

茨城県神栖市奥野谷

パーラー・サンタマリア 種類

パチンコ店・ゲームセンター

パーラー・サンタマリア 画像・写真

パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア
パーラー・サンタマリア

パーラー・サンタマリア ストリートビュー・空中写真

パーラー・サンタマリア ブログ・リポート

パチンコ・サンタマリア | 廃墟写真ブログ -Ruins Cat-
http://ruins-cat.com/blog-entry-260.html
聖母マリアの名を冠するパチンコ店の廃墟。外壁には子供時代のイエス・キリストを抱くマリアの姿が大きく描かれているほか、十字架を店のモチーフとして用いるなど、キリスト教を強く意識したデザインになっている。内部にはハングル文字が印刷されたペットボトル入りの水がなぜか

ピックアップ廃墟