阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡) 概要・歴史

茨城県稲敷郡阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)。国道125号線沿い、陸上自衛隊土浦駐屯地入り口に位置する。

1970年代から存在が確認できる。

一見すると工場のようだが、道路沿い部分は飲食店のようでもある。

実際は旅館の跡で、閉業後に、東側部分のみ自動車修理に利用されていた時期があるという。

2013年時点では国道沿いの飲食店部分は営業中、または閉業直後だったらしく、路地に入った部分も倒壊していない。

2015年までに完全に不使用状態となり、既に壁面に崩落が見られる。

2018年9月時点で、壁面の崩壊が進み、路地に入った建物は一部が倒壊している。また、建物背部側から観察すると、屋根もへしゃげて崩壊が進んでいることがわかる。

2019年9月現在、解体工事が行われている。

状態
解体され現存していません
2011年09月15日作成  2019年09月24日更新

阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡) 住所

茨城県稲敷郡阿見町青宿

阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡) 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡) 画像・写真

阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)(2018年9月)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)(2018年9月)
複数棟が連結されたような、渾然一体となった建築である
複数棟が連結されたような、渾然一体となった建築である
交差点部分は店舗風である
交差点部分は店舗風である
裏手側
裏手側
屋根がへしゃげている
屋根がへしゃげている
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
奥の部分は工場風になっている
奥の部分は工場風になっている
旧車が残されている
旧車が残されている
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡)
解体中の様子(2019年9月)
解体中の様子(2019年9月)
解体中の様子(2019年9月)
解体中の様子(2019年9月)

阿見町青宿の旅館跡(阿見町青宿の工場跡) ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟