琴芝れんが広場(宇部紡績所) 概要・歴史

宇部紡績所は山口県宇部市にあった工場。

1917(大正6)年、匿名組合宇部紡織所として創立。1943(昭和18年)に呉海軍工廠宇部分工場となり、魚雷の部品などを製造していた。

1945(昭和20)年7月の宇部空襲で消失し、焼けた煉瓦だけが残った。

煉瓦壁は、戦後も建物の一部や塀として使用されていたが、2000(平成12)年、琴芝兼営住宅の整備に伴い、壁のみを産業遺跡として残されることになった。

琴芝れんが広場として整備され管理されている。

状態
2019年08月02日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

琴芝れんが広場(宇部紡績所) 住所

山口県宇部市琴芝町1丁目

琴芝れんが広場(宇部紡績所) 種類

廃工場・発電所

琴芝れんが広場(宇部紡績所) ストリートビュー・空中写真

琴芝れんが広場(宇部紡績所) 関連ブログ・参考リンク

山口県宇部市散策
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/071212/ube.html
現在は常盤公園のあるにぎやかなところです。当HPに掲載している石炭記念館も、この常盤公園にあります。 画像は、現在の常盤公園のある湖の南西から北方向を見ているものと思われます。正面遠くが黒岩山ではと推定したこと
宇部 宇部紡績 琴芝れんが広場 - 防長散歩注進案 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hohei42renntai/26737365.html
宇部図書館から、県営住宅にかけて宇部紡績のれんが壁が残っている。琴芝れんが広場として小ホールになっています。小さな時間の隙間に迷い込んで行くような気持ちになりました。
旧宇部紡績所跡 - 情景の記録
http://blog.goo.ne.jp/arima-keisuke/e/bfa56bdc9e5fe27b13d62a5bcf8bfaad
曇り時々雨宇部市の図書館の建物の近くに煉瓦壁があります。大正時代に創業した「宇部紡績所」跡の一部です。
赤煉瓦壁|宇部周辺散策マップ - SuizuCapital
http://www.masuno-club.jp/yamaguchi_and_ube/redbrick.html
赤煉瓦壁(宇部紡績跡)琴芝の宇部市図書館の建物近くと一部図書館内にも組み込まれいる赤煉瓦の壁面は大正時代に建設された宇部紡績の建物の一部です。1930年には1,400人もの従業員が働いていたそうですが戦中には軍需工場となり1945年7月の空襲で大部分を焼失しま

ピックアップ廃墟