スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) 概要・歴史

ベスレヘム・スチール(Bethlehem Steel Corporation)はアメリカ合衆国のペンシルベニア州ベスレヘムにあった製鋼会社。

1857年にペンシルベニア州サウス・ベスレヘムでサウコナ製鉄所 (Saucona Iron Company) として創業。1861年にベスレヘム製鉄所(Bethlehem Iron Company)、 1899年にベスレヘム・スチール会社(Bethlehem Steel Company)と改称した。

第一次世界大戦および第二次世界大戦中にはアメリカ軍向けに装甲板および砲製品を供給した。

1950年代に最盛期に達し、一年当たり約2,300万トンを製造し、1962年から1964年にかけてインディアナ州バーンズ・ハーバーに最大の製鉄所を建設した。社長のアーサー・B・ホーマーは1958年のアメリカ合衆国において最も高給の事業経営者であった。

その後国際競争に敗れ、2001年に破綻、分割され、2003年にインターナショナル・スチール・グループに売却された。

ペンシルベニア州ベスレヘムにはベスレヘム・スチール基幹生産設備が残り、スティール・スタックス(Steel Stacks)と通称されている。

航空写真からも確認できる。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月02日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) 国

アメリカ合衆国ペンシルバニア州ベスレヘム

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) 種類

廃工場・発電所

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) 画像・写真

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所)(2007年)
スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所)(2007年)
2013年10月
2013年10月
2013年10月
2013年10月

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) ストリートビュー・空中写真

スティール・スタックス(ベスレヘム製鉄所) 関連ブログ・参考リンク

Bethlehem Steel | ベスレヘム·スチール | Tomboy Urbex ワールド廃墟ハンター
http://www.tomboy-urbex.com/bethlehem-steel/
ベスレヘム・スチールは、ペンシルベニア州ベスレヘムにある製鉄所廃墟ですが、管理された廃墟です。操業期間中、ベスレヘム・スチールは世界で最大の造船会社の一つとして、アメリカの工業生産に大いに貢献たとともに、ベスレヘムのシンボルの一つにもなりました。2001年、ベ
北東回廊ドライブ紀行 Part2 (ニューアーク・リバティ国際空港 → ベスレヘム(アレンタウン) → フィラデルフィア)
http://carwindowusa.car.coocan.jp/Allentown.htm
Wikiでは経営破綻後に「取り壊された」等と記載されてましたが、現在は「スティール・スタックス(SteelStacks)」という名の非営利団体が管理する公園に造り替えられ、野外ライブ会場の格好のオブジェと化した模様です。それにSandsが経営する巨大なカジノも

ピックアップ廃墟