旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 概要・歴史

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫は埼玉県本庄市の煉瓦建築。

1894頃築。当時高価であった繭や生糸を担保として貯蔵するための施設だった。

その後、菓子店の店舗兼工場として活用されていたが、耐震補強工事が施された上で、2017(平成29)年4月1日に交流施設として再オープンした。1階が交流・展示スペース、2階が多目的ホールとなっている。

廃墟ではない

一部現役等、通常の不使用状態ではありません
2018年11月20日 更新

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 住所

埼玉県本庄市銀座1丁目

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 種類

倉庫

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 画像・写真

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 ストリートビュー・空中写真

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 ブログ・リポート

埼玉レトロ紀行 本庄を歩く | ワンダー速報
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-90.html
明治27年に本庄商業銀行として建てられたものだそうです。それが、あさひ銀行となり、さらに昭和51年、地元のローヤル菓子という会社の本社工場となったそうです。1992年にまちなみハーモニー賞を受賞していますが…しかし現在は廃墟となっていました。ローヤル菓子はどこ
旧本庄商業銀行煉瓦倉庫|You-SuKe official blog
http://ameblo.jp/you-suke-official/entry-11770242583.html
一昨日、僕の地元本庄市では結構有名な建物の利活用を題目にしたシンポジウム(?)にパネリスト(?)市民代表の1人として参加して来ました。去年声をかけていただいてから参加してるプロジェクトで、この建物がどれだけ貴重な建物なのかをここまでに理解してきた。そしてこの建

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫 キーワード

桜 煉瓦 目的地 繭倉庫

ピックアップ廃墟