鶴川座

鶴川座は埼玉県川越市の劇場。

明治31年に芝居小屋として建てられた。

美しい木造建築が残り、建物内には遺構が見られ、木製車輪のまわり舞台や奈落から花道方向へ続くレンガ通路などがある。

「仮面ライダーW」のロケ地として使用された他、展示会場等としても利用され、歴史的建築として管理されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鶴川座 住所

埼玉県川越市連雀町

鶴川座 種類

劇場・映画館

鶴川座 画像

鶴川座
©Google

鶴川座 写真・ブログ・リポート

「旧鶴川座お掃除会」 再び人の集まる場所へ・・・復活プロジェクト始動|川越style
http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11619510522.html
旧鶴川座。旧鶴川座は、明治三十一年に蓮馨寺内に建てられた芝居小屋です。明治時代の始めに松蓮座(しょうれんざ)という芝居小屋がありましたが、明治二十六年の焼失したため、鶴川座を名を改めて再建されました。再建後は、芝居興行を中心に、講演会場としても使用され、大正時
鶴川座: ★近代建築探訪★
http://chuta.cocolog-nifty.com/arch/turukawa.html
川越にある芝居小屋、「鶴川座」に関するまとめページです。・映画館が閉館する前の名称は、川越プラザ劇場でした。・川越市の計画(2011年、後出)の記述に、明治31年(1898年)に新築開設とあります。○「小江戸ものがたり」第9号(2005年)より建物の由来がまと
美珍麗・探訪 | 〔旧鶴川座・川越〕
http://mosu3.blog.fc2.com/blog-entry-73.html
所在地:埼玉県川越市連雀町8建築年:明治31年(1898)頃改修あり構造:木造2階建て、地下有り見学:現在は閉鎖中交通:西武新宿線「本川越」駅~徒歩10分東武バス「蓮馨寺」or「中原町」バス停~徒歩1分
桑原政則Blogger: 鶴川座
https://kuwabara03.blogspot.jp/2011/02/blog-post_2904.html
旧・鶴川座は、蓮馨寺(れんけいじ)前にあります。1890年建設の築120年以上の元芝居小屋です。首都圏に現存する唯一の木造芝居小屋です。芝居小屋、映画館、事務所、ライブハウスを経て、現在は廃墟となっています。全国芝居小屋会議では、鶴川座保存の2007年決議文を
川越・鶴川座
http://shikanoyasushi.com/galleryB/tsurukawa/tsurukawa.html
川越鶴川座首都圏に残る唯一の伝統的な木造の芝居小屋明治30年頃に建設芝居小屋から映画館に転用され現在は映画のセットなどに使用されることもあるが、廃墟同然の状態であり、保存再生のために調査中である。川越マップ下の写真をクリックするとパノラマVRが開きますもともと
旧鶴川座|一応、カンパネルラ
http://ameblo.jp/campanerula/entry-11101312920.html
それとは気がつかないけど、明治の建物だそうだ。おそらく、当時の状態とは大きく違っているだろうけど、それでも、正面の上部に丸屋根がついて、ちょっとした看板建築だったのではないかと想像も出来る。明治23年に出来た芝居小屋だったそうだ。いつまで芝居小屋として成立して