弁天横丁は埼玉県川越市の飲食店街。 戦前からの花街でかつては芸者横丁と呼ばれたという。 一部に倒....

弁天横丁

弁天横丁 概要・歴史

弁天横丁は埼玉県川越市の飲食店街。 戦前からの花街でかつては芸者横丁と呼ばれたという。 一部に倒....

弁天横丁 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

弁天横丁 ストリートビュー・空中写真

弁天横丁 関連ブログ・参考リンク

http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2018/02/09/220843
場所:埼玉県川越市(「札の辻(ふだのつじ)」交差点付近、喜多院裏)行った日:2018/01/28廃墟になった日:戦後までは賑やか活気があった詳しく:赤線(○春目的の店舗が並ぶ場所のこと。警察が地図に赤い線で囲っていたことからそう呼ばれた)地域のある一帯の総称。
http://lojimani.hatenablog.com/entry/2017/10/27/074513
観光客で賑わう川越の真っ黒な蔵造りの町並みは埼玉県有数の観光地。遠いイメージがありますが実は新宿から1時間かからずにで行けるんです。今回は川越駅北側から一番街を抜けた「札の辻」周辺。この辺り一帯は、かつて弁天横丁と呼ばれた花街がありました。廃墟も多いのですがお
https://blogs.yahoo.co.jp/takaratta1152/41748411.html
【16年9月4日探索・11月7日公開】埼玉県川越市元町菓子屋横丁や時の鐘といった観光スポットから目と鼻の先に激渋な横丁があると聞いてやってきた。この矢印あたりがそうのだが・・・現在地はここ本当に観光客が大勢いる札の辻交差点から50mくらいしか離れていなかった。
http://www.ossancub.com/2018/01/post-5efc.html
前回は子供の頃の懐かしい屋上遊園地について書きましたが、今回は大人の話。川越は週末になると結構観光客が集まります。小江戸と称して古い町並み風の光景が人気のようです。個人的には電線が無いのは良いけど、作られた古い町並みは好きではないです。有名な「時の鐘」も「札幌
http://blog.livedoor.jp/koike631/archives/51282439.html
川越の蔵造りが並ぶ一番街を北に進み、札の辻交差点を過ぎて最初の小路を弁天横丁といいますこの弁天横丁とその先を直行している裏宿通りは、昭和30年代まで芸者さんの置屋が並んでいた地域です。今でもその当時のものと思われる建物が並んでいますもと芸妓さんがやっている小料
https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12173192354.html
と翌日すぐに見に行ったという。 中に足を踏み入れた瞬間、廃墟同然となった有り様に驚きつつも、 その空間の八坂神社もあります。 少し歩いてところには「弁天横丁」などのディープな場所が残る地域も隣接している。 川越のディ
https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11883390087.html
た酒場の建物なども残っています。 一番街の喧騒から離れ、弁天横丁は静かな時の流れを感じることができ、隠れた名年11月のことでした。 長屋の中は完全に廃墟状態。 「天井はがしたら結構きれいな構造と天井板(2階の床板
https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11953890056.html
65(染織・服・小物)の山本さんは、 一番街の近くにある弁天横丁にあるギャラリーなんとうりの方。 なんとうり古い長屋を改装して作られたギャラリーです。 廃墟だったところからギャラリーになるまでの軌跡は、以前から伝えて