ホテル・スパムーチョ 概要・歴史

ホテル・スパムーチョは山形県米沢市のラブホテル。県道233号線沿いに位置する。

1970年代より所在する。

10棟ほどのコテージから構成される施設だった。

料金は休憩4500円、宿泊6000円で、スペイン風の名前通り、コテージ壁面にサボテンの絵が描かれていた。また、天然温泉を備えていたらしい。

閉業時期不詳ながら、2016年時点で廃墟として言及されており、雪害による崩壊が進んでいた。

2019年4月時点で現存し、一部のコテージが倒壊している。

状態
2019年04月16日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテル・スパムーチョ 住所

山形県米沢市赤芝町

ホテル・スパムーチョ 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテル・スパムーチョ 画像・写真

ホテル・スパムーチョ

ホテル・スパムーチョ ストリートビュー・空中写真

ホテル・スパムーチョ ブログ・リポート

柵の向こう側 ホテル スパ☆ムーチョ
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
東北で見つけた、○ブ○跡。幹線道路沿いあるこの物件、辺りは住宅街。しかも車を止める場所が無い!一旦は探索を諦めたが直ぐに引き返し、近隣事業所の駐車場に車を止めた。通行の邪魔になりながら、外観を撮影!剥がれかかった、シールの料金表。豪雪地ゆえの、押し潰されたよう

ピックアップ廃墟