本尊岩トンネル脇の橋 概要・歴史

本尊岩トンネルは新潟県東蒲原郡阿賀町の隧道。国道49号線若松街道に位置する。

国道49号本尊岩隧道とJR磐越西線の隧道の間に立ち入り禁止の細いコンクリート橋があり、その先には岩盤センサーが設置された穴だけがあり、どこにも通じていない。大断面隧道への拡幅工事の未成遺構で、拡幅工事のために建設された仮橋だったという。

また、北側には1882(明治15)年頃に三島通庸によって初めて拓かれた本尊岩隧道の遺構が残るが、封鎖されている。

2009年から2012年までの湯川バイパス工事により、揚川隧道と本尊岩隧道の2本が廃止された。

状態■■
2019年04月17日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

本尊岩トンネル脇の橋 住所

新潟県東蒲原郡阿賀町大牧

本尊岩トンネル脇の橋 種類

廃橋

本尊岩トンネル脇の橋 画像・写真

本尊岩トンネル脇の橋

本尊岩トンネル脇の橋 ストリートビュー・空中写真

本尊岩トンネル脇の橋 ブログ・リポート

隧道レポート 国道49号 本尊岩隧道
http://yamaiga.com/tunnel/honzongan/main.html
国道49号は太平洋岸のいわき市と日本海沿岸の新潟市とを結ぶ全長250km近い国道である。都会化の進む起終点の両市をはじめ、その沿線にも福島県の中心的都市である郡山市や、会津地方の中心地会津若松市などを擁し、並行して磐越自動車道が通うなど、南東北を代表する列島横
隧道レポート 国道49号 本尊岩隧道 あの穴の正体編
http://yamaiga.com/tunnel/honzongan/main2.html
国道49号の本尊岩(ほんぞんいわ)隧道(昭和39年竣工)をここで紹介してから、既に5年が経過した。本尊岩隧道といえば何と言っても忘れられないのが、現地でたまたま知り合った警察官が、「ここは日本一危険な隧道だ」と口にしたということだ。何が危険って、右の図を見て貰
柵の向こう側 本尊岩隧道
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
国道49号線、通称会津街道(福島側からは、越後街道と言う)の隧道を探検に来た。水運が栄えたこの地に、難工事の末、現在の道を通した。何故水運だったのか?それは、大河の両岸は切り立った崖で、道を通す土地が無かったから。なので多くの場所で、川の上に道を通した。現在、
井戸端の雑談 : 廃道探訪 新潟県旧R49本尊岩付近
http://blog.livedoor.jp/mst_kiz1/archives/52498348.html
3月に揚川バイパスが共用開始となった、新潟県阿賀町のR49。7月まで開通を知らなかったとは、私もヤキが回ったもんだ。新道開通となれば、当然走りに行きたい。それじゃぁ新しいバイパスを走ってこようか。というか本当の目的は、バイパス新設に伴って生じた旧R49がどうな
国道49号本尊岩隧道
http://roadweb.web.fc2.com/report_n/n049_honzon/n049_honzon.htm
本尊岩地区は、急峻な岩盤斜面が国道に面しており、これまで落石・岩石崩壊が繰り返し発生している。主なものを挙げると、1964年(昭和39年6月(新潟地震))の際には、岩石崩壊によりJR線、国道が被災。1982年(昭和57年)には、国道まで達する岩石崩壊。1986
本尊岩の巨大カモシカ - 重言飛語 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/n_jimusho69/37271705.html
こちらR49の名所「本尊岩隧道」でございます。阿賀野川ラインの津川より新潟方面に鎮座しております。この隧道は三島通庸の遺産でございまして昭和の中頃までは運用されておりました。切り立った本尊岩は若松(越後)街道の難所中の難所でこの付近に迂回路はありません。拙者も

ピックアップ廃墟