峠の茶屋(南国市) 概要・歴史

峠の茶屋は高知県南国市の喫茶店。国道32号、根曳峠の頂上付近に位置する。

1980年代に入るまで四国内には高速がなく、また高知―高松間の主要道路だった国道32号線沿いという事もあり繁盛していたようだが、高速道路事情の発展とともに客足が減り閉店したらしい。

閉店後も旧店舗前を開放し、店の前に自販機を設置し元店主が管理していたらしいが、店主亡き後は自販機も撤去され、現在は建物だけが残されている。2014年1月時点で長年営業している様子はない。

たまに草刈が行われる管理されているが、草むらには不法投棄されたゴミが散乱している。

2018年6月時点で現存する。

状態
2019年08月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

峠の茶屋(南国市) 住所

高知県南国市成合

峠の茶屋(南国市) 種類

飲食店・ドライブイン

峠の茶屋(南国市) 画像・写真

峠の茶屋(南国市)
峠の茶屋(2017年3月)

峠の茶屋(南国市) ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟