ワンダーランドASAMUSHI 概要・歴史

消えた東北屈指の遊園地

ワンダーランドASAMUSHI(わんだーらんどあさむし)は青森県青森市にあった遊園地。国道4号線沿いに位置し、陸奥湾に面している。

1962(昭和37)年に温泉施設と遊園地「あさむしキディランド」の複合施設「浅虫ヘルスセンター」として開業。遊園地にはゴーカートなどの施設があったらしい。

1977(昭和52)年には、「あすなろ国体」開催にあわせて、キディランドに フィールドアスレチックが増設された。その後も、本格的なジェットコースターなどが設置された。

1999(平成11)年に「あさむしキディランド」は閉園するが、大阪の遊具製作メーカー「岡本製作所」が取得し、リニューアルの上で2000(平成12)年4月に「ワンダーランドASAMUSHI」として開園した。

ジェットコースターや陸奥湾を一望できる全長32mゴンドラ20基の大観覧車など様々な遊具を備え、東北屈指の遊園地として人気を誇っていたが、積雪により冬季休業を余儀なくされたことや潮風による腐食、施設の老朽化により2005(平成17)年10月10日に閉園した。

その後、早い段階で遊具の大部分は撤去されたが、2019(令和元)年8月時点で施設北側の入口建物、東北角にある「レストラン・マリーナ」のほか、売店や券売所などの小規模な建屋がいくつか残り、また遊具の基礎跡などが確認できる。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月22日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ワンダーランドASAMUSHI 住所

青森県青森市浅虫坂本

ワンダーランドASAMUSHI 種類

遊園地・テーマパーク

ワンダーランドASAMUSHI 画像・写真

レストラン・マリーナ
レストラン・マリーナ
レストラン・マリーナ
レストラン・マリーナ
入り口や窓はベニヤで封鎖されている
入り口や窓はベニヤで封鎖されている
ワンダーランドASAMUSHI
ワンダーランドASAMUSHI
ワンダーランドASAMUSHI
ワンダーランドASAMUSHI
ワンダーランドASAMUSHI
遊具基礎跡が確認できる
遊具基礎跡が確認できる
CAPTAIN HOUSE SINCE 1993
CAPTAIN HOUSE SINCE 1993
トイレ
トイレ
のりもの券売場
のりもの券売場
ワンダーランドASAMUSHI
ファンタジックな作りのトイレ
ファンタジックな作りのトイレ
食券売場
食券売場
ワンダーランドASAMUSHI

ワンダーランドASAMUSHI ストリートビュー・空中写真

ワンダーランドASAMUSHI 関連ブログ・参考リンク

Alternative/消えた青森
http://gozou.nicomi.com/ph/kieta/asamusi01.html
追記:2009年3月写真を整理していたら、『ワンダーランドASAMUSHI』時代の全景写真 を発見! 電車の車窓から撮ったものなので、ななめっててすみません。 ↓クリックで 1600x1200pixelの大きい画像が出ます。 撮影:2004年8月21日
ぺーちゃんのブログ 空っぽの遊園地 前編
http://2784360.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
空っぽの遊園地 前編. ども今晩は~皆様GW如何お過ごしでしょうか? 何処かお出かけでしょうか? 例えば、遊園地等に遊びに行く方もいるでしょう♪ オレも行ってきました! もちろん廃墟な訳ですが… 残念な事が一つ… 遊具がなーんも残ってない 面白味には欠けますがどうぞご覧下さい。 ではいってみ...
㈱岡本製作所
http://web2.nazca.co.jp/zz1564/page073.html
㈱岡本製作所OkamotoMfg.Co.,Ltd.戻る1924年3月兵庫県◆岡本娯楽製作所創業(尼崎)1951年12月岡本製作所設立1955年明昌特殊産業㈱設立196
「なつかしのマッチ物語」ー昭和30〜40年代の青森市内喫茶店等マッチラベルー
https://www.slideshare.net/aokomaki/3040-68760749
30.浅虫ヘルスセンターかつて、東北大学付属浅虫水族館があった頃、傍に「浅虫ヘルスセンター」があった。昭和37(1962)年に開業した。温泉施設と遊園地=キディランドからなり、青森市民には大いに利用された。昭和52(1977)年には、「あすなろ国体」開催にあわ
実は安全対策
http://feynmanino.watson.jp/8805_asamushi.html
2000年4月のリニューアル開園も、再閉園はわずか5年後の2005年10月のことでした。観光名所の裸岩と東北大学の浅虫臨海実験所の位置関係です(http://sky.ap.teacup.com/kitaguni/2320.html)。裸島は青森市と平内町との境
「しあわせ見つけた。」RX-Rspec03のブログ | 別冊!RX-Rモータリング - みんカラ
https://minkara.carview.co.jp/userid/223923/blog/39435328/
そう言えばココにゴーカートがあるって最初に教えてくれたのはこの姐御だったような・・・。何気に師匠だったのか!このキディランドは冬になると積雪のため休止となりましたが、シーズンオフ一ヶ月前くらいになると入園料がタダになるので友人たちと何度か大挙して遊びに行ってま
浅虫温泉ちょっと昔① | Chaos and Creation in the Backyard
https://ameblo.jp/kamaitachi2007/entry-10623609956.html
旧水族館に隣接するワンダーランド浅虫は(浅虫キディランドから岡本製作所が1995年経営を引き継ぐ)、観覧車やジェットコースターもあり、夏休みには子供達で賑わった。しかし経営難で遊具の施設更新が出来なくなり(潮風による腐蝕)、2005年10月10日閉鎖された。解
平内町・土屋~青森市・浅虫/旧奥州街道655: 日本写真紀行ブログ
http://hitosh.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-aa12.html
正面に見えるビルは、浅虫観光ホテルで、手前右は、かつてワンダーランドASAMUSHIのあったところだ。ジェットコースターや、大観覧車があり、東北屈指の遊園地であったが、2005年10月に閉園となっている。国道4号線の浅虫交差点右側にある廃屋(写真右端)には、「
まわり道にも風は吹く。(マーブル倉庫のブログ): まわり道・・・看板・その5/青森・平内町にて
https://overland-northtown9891.blogspot.com/2014/09/blog-post.html
「ワンダーランドASAMUSHI」の看板。かつて浅虫にあった、遊園地であります。確か・・・1980年代に「あさむしキディランド」って名前で開園してその後、遊具を作っている会社が、経営を引き継いでリニューアルして「ワンダーランドASAMUSHI」になったはずです

ピックアップ廃墟