N.G.A.M.バプテスト教会 概要・歴史

N.G.A.M.バプテスト教会New Glacier Appersenior Missionary Baptist Church)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトの教会。

1919年にバーケット記念浸礼教会として建てられた。その後所有者が何度か変わり、1984年に現教会へと所有権が移り、1993年頃までは使われていたらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

N.G.A.M.バプテスト教会 国

アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト

N.G.A.M.バプテスト教会 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

N.G.A.M.バプテスト教会 画像・写真

N.G.A.M.バプテスト教会

N.G.A.M.バプテスト教会 ブログ・リポート

【海外の廃墟】New Glacier Appersenior Missionary Baptist Church(N.G.A.M. バプテスト教会) | 廃墟写真ブログ -Ruins Cat-
http://ruins-cat.com/blog-entry-235.html
GM(ゼネラルモーターズ)のお膝元、デトロイト・シティにある教会の廃墟。名称を日本語にするならば「新グレイシャー・アッパーシニア・ミッショナリー派浸礼(しんれい)教会」とでもなるだろうか。米国を代表する自動車会社の巨大工場が目と鼻の先であるにも関わらず、周囲は

ピックアップ廃墟