日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

カーリットの森

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場は神奈川県横浜市保土ケ谷区にあった火薬工場。

1917年、創業者の浅野総一郎がスウェーデンのカーリット社からカーリット爆薬の東洋における製造・販売権を獲得。1919年、保土ヶ谷工場建設、カーリット爆薬の製造開始。1920年、日本カーリット株式会社設立。1923年、関東大震災により被災、浅野セメント株式会社に合併。1934年、浅野カーリット株式会社設立。1944年、保土ヶ谷工場が軍需工場に指定。1946年、GHQがカーリット爆薬の製造斎戒を許可。1951年、日本カーリット株式会社に改称。1995年、保土ヶ谷工場を閉鎖し、群馬県に移転。

日本カーリット株式会社自体は現役企業である。

跡地はたちばなの丘公園として整備され2011年に一部開園。「カーリットの森」と呼ばれている。

土塁とレンガ造りの隧道遺構が残り、尾根道下隧道、トロッコ用レール、第四混和工室、第九填薬工室、包装収函工室などが公園の一部として見学できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区仏向町

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 種類

廃工場・発電所

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 画像

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場

日本カーリット株式会社保土ケ谷工場 写真・ブログ・リポート

保土ケ谷区の広大な緑地「カーリットの森」、火薬工場だったころの姿は? [はまれぽ.com]
http://hamarepo.com/story.php?story_id=4321
キニナル投稿にある「カーリットの森」と呼ばれている地域は、横浜市保土ケ谷区と旭区にまたがる約60ヘクタール(60万平方メートル、横浜スタジアム約23個分)の野趣豊かな緑地である。およそ中央の緑の部分(赤丸内)が「カーリットの森」(Googlemapより)道路に