新柳橋歩道橋 概要・歴史

新柳橋歩道橋は東京都北区にある歩道橋。

1970年代から存在が確認できる。

新柳橋は現役の橋梁だが、脇にある歩道橋が少なくとも2009年時点で通行止めになっている。

2018年現在も状況は変わらず、錆の浮いた歩道橋が封鎖された状態で残るが、かつてあった不法投棄らしい廃自転車は撤去され、代わりに「不法投棄禁止」の看板が設置されている。

状態■■
2018年12月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

新柳橋歩道橋 住所

東京都北区豊島2丁目

新柳橋歩道橋 種類

廃橋

新柳橋歩道橋 画像・写真

新柳橋歩道橋
新柳橋歩道橋
新柳橋歩道橋

新柳橋歩道橋 ストリートビュー・空中写真

新柳橋歩道橋 ブログ・リポート

新柳橋|道にあるちょっと古いもの
https://ameblo.jp/papagenopapagena/entry-11958229613.html
【名称】新柳橋(しんやなぎはし)【所在地】北区豊島【竣工】1964(S39)年3月【橋長】【幅員】2013年6月2日訪問石神井川河口近くのあすか緑地、場所はココ(←クリック)首都高速・中央環状線が建設された際に、石神井川の流路が変更され、跡地がこの公園になった

ピックアップ廃墟