加久藤・堀切峠(国道221号線旧道)

加久藤・堀切峠は、熊本県人吉市と宮崎県えびの市にまたがる、国道221号線の旧道である。

大変急峻な地形で、1972年に加久藤トンネルが開通するまで使用されていた。

自動車での通行は不可能ではないが困難を伴う。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

加久藤・堀切峠(国道221号線旧道) 住所

宮崎県えびの市東川北

加久藤・堀切峠(国道221号線旧道) 種類

廃道

加久藤・堀切峠(国道221号線旧道) 画像

加久藤・堀切峠(国道221号線旧道) 写真・ブログ・リポート

最後のホハレ峠~・王子製紙作業道跡・~6
http://www.shizumazu.net/kakuto.html
加久藤峠(堀切峠)は国道221号の熊本と宮崎の県境付近、加久藤トンネル上に存在 する旧道の峠である。ツーリング 今にも標識が外れ 落ちそうまでに朽ちているが、 これらが残っているのは 我々旧・廃道マニアにとっては有難い話である。加久 藤峠の 旧道
加久藤峠
http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/kongetu/kakutou/kakutou.htm
加久藤峠/堀切峠 かくとう とうげ/ほり つい最近には九州自動車道の加久藤トンネル が開通し、高速道路で県境を抜けることができるようになった。ただしトンネル部分 肝心な峠も、あの恐ろしい廃道も、出会った鹿も、何も撮っていないのだ。なんてこった。
カガワの自転車 熊本 清ちゃんのオーバーホール日記(第241回) 加久藤峠
http://www.kagawa-g.co.jp/kiyo241.htm
堀切峠と呼ぶのだそうだ。昔から周りの人達も加久藤峠と呼ぶものだから、その名称だ と思い込んでいた。ここも肥後と薩摩を結ぶ重要なルートだった。 多分、すでに廃道に なっているのだろうと思う。それにしても、ループ橋が完成したのは昭和54年だと思っ
水流渓人hot-news 「国見山/百貫山/矢岳山」えびの市の3座夏旅
http://www12.big.or.jp/~tsurukei/hotnews4/338kunimi-hyakkan-yatakeyama/338.html
2011年7月16日 この国道221号のさらに旧道となる「加久藤旧道」、「堀切峠」を経由する道が、牧の原 地区から並行して走っている。右折し、すぐ左折で、旧道を走ると、すぐにかつての難所「 加久藤越え」の雰囲気が迎えてくれた。すぐに未舗装路になると、普通
堀切越(加久藤峠越え)7里30町 えびの~人吉
http://www2.synapse.ne.jp/hanjirou/hp-aruki/horikiri.htm
加久藤越え(旧国道221号 えびの~堀切峠~人吉) 7里30町… 以前から歩きたかった 峠である。 この辺は工事関係のせいか、砂利道ではあるが整備されている。12時40 分アスファルト道路が現れ、左はたぶん矢岳駅への林道か?、右に曲がりずっと下る。
加久藤旧道・堀切峠(旧国道221号)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osic/kyudo/kykum1.htm
ところで、トンネルの名前に使われている「加久藤」であるが、旧道ルート上には加久藤 峠なるものはなく、旧道における標高のピークは、県境より若干宮崎県寄りの堀切峠で ある。そのため、県境は、熊本から宮崎側に向かうと、上り坂の途中にある。ここでは、
加久藤堀切峠
http://www3.synapse.ne.jp/purelove/kyuuhairo/kakutou-01.htm
国道221号線の熊本県と宮崎県の県境に、加久藤トンネルがあります。このトンネルができる前は、非常に狭い堀切峠を超えていました。ここがその県境です。
怪傑!ド・エリート男爵!: 加久藤旧道・堀切峠を攻略せよ!(其ノ一)「Z旗を掲げよ」
http://blog.livedoor.jp/neoaira/archives/65558580.html
我こそは、ド・エリート男爵なり!天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!4月も残すところあとわずかとなりましたが、3月の話であります(汗)我が小隊(家族)は、広島を陥落せしめるべく戦略(家族旅行)を練っていたいたのでのでありますが、あの震災でそんな浮かれ気分