ノクトンホール病院

ノクトンホール病院(Nocton Hall Hospital)はイギリスのリンカシャー、ノクトンにあった病院。

ノクトンホールは1530年築。フレデリック・ロビンソン(初代ゴドリッチ子爵)や英首相などの住居として用いられた。第一次世界大戦では負傷した米兵の療養施設として使われた。第二次世界大戦でも米軍病院として利用され、その後英空軍が王立空軍ノクトンホール病院(RAF Hospital Nocton Hall)とした。1984年には米空軍に貸し出され湾岸戦争中は負傷兵の療養施設となった。1995年に英国に返還。

2004年に火災が発生、その後廃墟化している。第二級歴史建築に指定されている。

心霊スポットなどという噂もある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ノクトンホール病院 国

イギリスリンカシャー

ノクトンホール病院 種類

廃病院

ノクトンホール病院 画像