カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫

カザフスタンのバイコヌールにあるカザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫。2機のスペースシャトルが残された格納庫廃墟である。

1980年代、ソビエト連邦が自国のスペースシャトル開発に着手したとき、あまり知られていない宇宙開発競争の一幕が開けた。無人軌道試験飛行には成功したものの、ロシア語で吹雪を意味する「ブラン」は、高騰する予算削減の煽りを受けてまもなく廃棄され、格納庫にそのまま取り残された。そのうち1機は2002年に格納庫が崩落したことで破壊されたが、他の2機は当時の姿のまま残っている。

バイコヌール宇宙基地は現役施設であり、格納庫は現在でもソユーズロケットの発射に利用され、管理されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫 国

カザフスタン

カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫 種類

その他・廃墟一般

カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫 画像

カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫

カザフスタンのソ連スペースシャトル格納庫 写真・ブログ・リポート

放擲されたソ連宇宙計画の残骸~『バイコヌール宇宙基地の廃墟』 - メモリの藻屑、記憶領域のゴミ
http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20160119/p1
バイコヌール宇宙基地はカザフスタンに存在するロシア連邦宇宙局の管理するロケット発射場である。その広大な敷地の片隅に、半ば廃墟と化したロケット格納庫と関連施設が佇んでいる。そこには、冷戦時代のソビエト連邦が開発し、建造されたスペースシャトル・タイプの有翼往復宇宙
ロシア・宇宙開発時代の悲しき遺物、2機のスペースシャトルが残された格納庫廃墟(カザフスタン) : カラパイア
http://karapaia.com/archives/52194808.html
1980年代、ソビエト連邦が自国のスペースシャトル開発に着手したとき、あまり知られていない宇宙開発競争の一幕が開けた。無人軌道試験飛行には成功したものの、ロシア語で吹雪を意味する”ブラン”は、高騰する予算削減の煽りを受けてまもなく廃棄され、格納庫にそのまま取り

ピックアップ廃墟