ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)

ブラン(Buran)は、ソ連の各設計局が開発した宇宙船(宇宙往還機)、ないしは同機を初代オービタとする打ち上げ計画(ブラン計画)である。

1988年11月15日午前3時にバイコヌール宇宙基地から発射され、206分間にわたり無人で地球軌道を周回し、発射場所であるバイコヌール宇宙基地の滑走路に自動着陸を成功させた。

予定では1992年に有人飛行を行うはずだったが、1991年のソ連崩壊と共にこの計画は消滅した。1号機ブランはカザフスタンのバイコヌール宇宙基地に保管されていたが、2002年5月12日に暴風に遭い失われた。この出来事で作業員8人が死亡したとされる。また、2号機「プチーチュカ(小鳥)」3号機「バイカル(バイカル湖より)」など、いくつものブラン型派生モデル開発・製造途中だったが、これらも全て中止となった。現在は、バイコヌールに試験モデルが放置されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran) 国

ロシア

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran) 画像

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran)
©Google

ロシアのスペースシャトル ブラン(Bran) 写真・ブログ・リポート

飛行機ちゃんねる(Aircraft Channel) : 放置されるソ連版スペース
2014年8月23日 【逮捕】30年間パチンコ店でスリを繰り返した71歳男. . 放置されるソ連版スペースシャトル「ブラン」実用2号機(OK-1.02)・技術開発試験機(OK-MT)バイコヌール宇宙基地MZK格納庫廃墟【写真36枚】 を魅了する 「流域地図」の作り方: 川から地球を考える (ちくまプリマー新書 1995...