普門院 概要・歴史

普門院は東京都江東区の寺院。

廃寺と見まごうような鬱蒼とした独特の雰囲気があるが、鐘ヶ淵の由来を持つ由緒ある現役寺院であり、廃墟ではない

「野菊の墓」の小説家・伊藤佐千夫の墓がある。

住職一家が常住されており管理されている。

状態
痕跡を残しての再利用・一部現役・一部解体等、通常の不使用状態ではありません
2018年12月15日 更新

普門院 住所

東京都江東区亀戸3丁目

普門院 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

普門院 画像・写真

普門院
普門院
普門院
普門院
普門院
普門院
普門院

普門院 ストリートビュー・空中写真

普門院 関連ブログ・参考リンク

思わず廃寺かと思った 普門院(江東区 亀戸)|愛するご朱印とスターバックス
https://ameblo.jp/composure3956/entry-12177512998.html
普門院山号:福聚山院号:普門院寺号:善應寺宗派:真言宗智山派ご本尊:大日如来札所:御府内八十八箇所巡礼四十番亀戸七福神の毘沙門天江戸時代に朱印を拝領した名刹鐘ヶ淵の由来を持つ。多くの史跡、文化財ありというのが私が前もって持っていた情報でした。最初ここが山門とは
亀戸水神宮の象、都会の明け暮れジャングル普門院
https://tokyo-sampo.com/archives/4880
そして次。この日一番インパクトのあった福聚山普門院。決して廃墟ではなく現役の寺院なのだけれど、びっくりするくらい草ぼうぼうで鬱蒼としている。山門にも椅子が立て掛けたあったり、長いこと開けっ放しなのが明らかだ。わたしたちが訪れた時にも奥様らしい方がお線香をあげて

ピックアップ廃墟