暖海荘 概要・歴史

暖海荘は静岡県熱海市にあった旅館、ホテル。

200億の負債を抱えて1999年10月1日に倒産。

2001年3月に建物は取り壊され、巨大なコンクリート基礎のみが残るが、その後の計画が頓挫したために、2018年現在も遺跡のような姿のまま残っている。

「万葉の湯」で知られる日本ジャンボー株式会社が土地を取得し、地上42階建て高さ167mの超高層マンション「熱海Jプロジェクト21」が建設される予定だったが、リーマン・ショックの影響で白紙化されたままとなった。

バリケードが設置され管理されている。

状態
2018年12月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

暖海荘 住所

静岡県熱海市東海岸町

暖海荘 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

暖海荘 画像・写真

暖海荘

暖海荘 ストリートビュー・空中写真

暖海荘 ブログ・リポート・参考リンク

暖海荘|熱海だい好き!『でむーろ』の………
https://ameblo.jp/lovin815/entry-11537997336.html
熱海市東海岸町にある…『暖海荘』の跡地。建物は取り壊されているが…新しい事業の進展は……見られない。この土地を取得したのは『万葉の湯』の運営で知られる『日本ジャンボー株式会社』で、仮称「熱海Jプロジェクト21」という事業が計画され地上42階建て高さ167mにも

ピックアップ廃墟