土佐海商株式会社 概要・歴史

中国産うなぎ産地偽装事件

土佐海商株式会社は高知県南国市の水産加工会社。県道13号沿いに位置する。

2008(平成20)年6月に発覚した、大阪の水産輸入会社による中国産うなぎの産地偽装事件に関わったとして、水産輸入会社の非常勤取締役を兼務していた同社の専務が逮捕・起訴され実刑判決を受けた(※1)。

判決後の2009(平成21)年3月10日には会社を閉鎖、任意整理を進めるも不動産の売却がうまくいかず、約9億円の負債を抱え破産手続きを申し立て、同年9月に破産宣告を受け、2013(平成25)年5月28日に破産手続きが終結した(※2)。

※1:大阪の「魚秀」などによる、中国産ウナギを「愛知県三河一色産」と偽って売っていた事件。事件に関与したとして、土佐海商専務で魚秀の非常勤取締役のYと土佐海商の社員が逮捕された(後に社員は処分保留で釈放)。

※2:破産データバンク 平成21年(フ)第697号

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

土佐海商株式会社 住所

高知県南国市久枝

土佐海商株式会社 種類

その他・廃墟一般

土佐海商株式会社 画像・写真

土佐海商株式会社
土佐海商株式会社
土佐海商株式会社
土佐海商株式会社

土佐海商株式会社 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟